テーマ:独り言

八月の空

8月に入りました。と、言ってももう6日なんですが・・・ やっと、と言うか何というか…夏らしい気温と夏らしい空が戻ってきてしまいました。 熱い風、青空に、湧き上がる入道雲・・・でも、ゲリラ豪雨は勘弁してほしいですね。 今日、8月6日は「広島原爆忌」・・・戦争で初めて人類がこの無慈悲極まりない「無差別大量破壊兵器」を実戦使…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

鈍色の空

梅雨だから・・・と、言いますが、こう雨ばかり、曇りばかりの日が続くと気が滅入りますね。 それでなくともニュースでは毎日毎日、鬱々となる事件や記事ばかりです。 政治は国民を置き去りに毎日のように「茶番劇」を繰り広げ、それを煽り、焚き付けるマスメディアの報道姿勢にも疑問を抱きつつ・・・時間だけが過ぎて行く・・・・ 「明るい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

意見には個人差がありますが・・・

この国の中央政界にいる方々が、こんなにもお〇〇だったのか!?(一応自主規制です。当てはまる言葉は皆さん独自で当てはめてください。) と言う思いで一杯です。 東日本大震災からもうすぐ3か月・・・まだまだ進まぬ復興への道のりと原発事故の後処理。 何より被災された方々への精神的な、或いは経済的な支援。 そして大震災から波及…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

奇跡

4月になりました。 埼玉、東京ではこの2~3日、本当に春らしく暖かな日が続いており、東京では桜の開花も発表されました。 「計画停電」も折からの暖かさでエアコンの使用頻度が低下したことと皆さんの節電意識の高さが功を奏したようで水曜日から来週月曜まで実施の見送りが決まっています。 あの震災から3週間、被災地にも復興の兆しが…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

師走’10

12月になりましたね。 毎年、毎年、一年が速くなっているように思う今日この頃です。 今年は特にいろいろあったからね。個人的にも、社会的にも・・・ 穏やかな、平和な、そして少しだけ、幸せな、一年を送りたい。 ささやかで良いから、一年を笑顔で過ごせたら、何時もいつもそんな風に願いながら・・・ それでも時は残酷に、そして…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「Are youready Oh!」3回と「今夜も生でさだまさし」

今週、来週は谷村新司さん、泉谷しげるさん担当回 先ずは来年の武道館スペシャルコンサートの話題・・・ 1月29日に出演の谷村さん、泉谷さん・・・「俺たちで果たして客は集まるのか?」と言う話題から「盛り上がってる武道館しか知らないから、客席が2000人足らずしか埋まらなったらどうなるだろう」「逆におれたちはそういった状況の方が燃…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

晩鐘

10月も終わりですね~。 急に寒くなったり、北海道では雪が降ったというのに、西からは台風が来たり・・・ もう秋なのか冬なのか、季節感もおかしくなりそうです。 幸い私の住む町では台風の影響も昨日一日雨が降り続いただけで、被害とか出ませんでしたか、沿岸部などでは被害に遭われた方々も居られるようで、心よりお見舞い申し上げます。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

台風一過

ひと月間まったく音沙汰がなかった雨。 先日の台風が一気に降らしてくれました。まあ、このひと月をとりかえさんが如くに・・・ そんなにも降らなくてもね~。 私の住む町は通勤の足に少し困った程度で、集中豪雨も勤務時間に丁度当たり、帰宅時間には雨は上がっていましたが、近郊の都県では被害も多数あったようで、被害に遭われた方々には…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

9月なのに・・・

9月になりました。・・・ なのに、なのに・・・「猛暑日」「熱帯夜」の連続記録更新中!! お子様たちも学生さんも、ほとんどのところで新学期。 でも、こんなんで勉強や部活(特に運動部系)は大丈夫なんでしょうか? 体育祭とか文化祭とか、各競技の記録会とか・・・秋は何かと行事が多いのにね。 私の通勤路には4つの小学校と2つ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ワールドカップサッカー、日本代表への敬意を表して

早朝の日本ーデンマーク戦、真夜中の日本ーパラグアイ戦、共に高視聴率を記録した、今年のワールドカップサッカー南アフリカ大会。 大会直前の強豪国とのテストマッチで4連敗し、本戦一次リーグ「3連敗確実」などと叩かれた岡田監督率いる日本代表は、本戦に入るやシステムを変え、カメルーン戦1-0で勝利し、世界ランク4位のオランダにも0-1と善戦…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お知らせ

皆様には大変ご無沙汰でございました。 実は去る6月12日、私と6年間を共に過ごした愛機、NECパーソナルコンピュータ、バリュースターG が突然動かなくなりまして、自分でもいろいろ試してみたのですが、何せ「再セットアップ」もできなくなった状態で、やむを得ずメーカーさんへの「入院」となりました。 しかし、検査結果のご連絡では「内…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紫陽花の詩

早いもので(月の初めは毎回書いている気がしますが・・・まあ、枕詞、とでも思ってくださいませ) 6月です。今年も半分・・・もう直ぐ梅雨、なのに水無月。 さあて、6月入ってそうそう、我が国のトップが辞任です。諸外国では「日本とは毎年突然国のリーダーが変わる国」という共通認識が生まれそうです。学生に「ここ、試験に出ます」とかね。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

予約完了、と最近思っていること。

昨日の朝、出勤途中に「カウントダウンコンサートイン国技館」DVDの申し込み葉書を投函。 今日は買い物の途中でいつもお世話になっている山○楽器さんにてCD「予感」の予約完了。 来週は9月の東京国際フォーラムでのコンサートの先行予約・・・と、、立て続けの「さだ三昧」 気がつけば「まさしんぐワールドコンサート」も来週、そして…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

さだまさしカウントダウンコンサートイン国技館DVD

昨年12月31日~1月1日に架けて行われた「さだまさしカウントダウン・ソロプレミアムイン国技館」の模様を完全収録したDVDの「まさしんぐワールド」会員向け通信販売のダイレクトメールが今日届きました。 本編2枚とリハーサル風景、さださんへのインタビューなどを収録した特典映像1枚の3枚組。¥12000なり~ さて、これを高いとみ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

神様のくれた2時間

4月が今日で終わります。 私にとってはとっても長くて、忙しくて、そしてあっという間に過ぎ去った一月間でありました。 3月30日に父を送り、31日は役所関係の手続きに回り、「忙しいから、出てこれるなら早くおいで」と、31日の夜に職場の上司から電話を貰い、4月1日から出勤・・・ 上司の言うとおり、4月はとても忙しくて、土曜…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

いのちの理由

「私が生まれてきたわけは、愛しいあなたに出会うため・・・」 さださんがこの歌を書かれた気持ちが、今、ほんの少し判るような気がします。 去る3月26日、夕方、私の父が旅立ちました。 享年89歳。 まあ、世間の殆んどの方は「長生きだったんだね」と思うでしょうね。 さださんのお父様とほぼ同年代の父。 その年代の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

バンクーバー冬季オリンピック開幕

昨日(2月13日)、日本時間午前11時、カナダ、バンクーバーに於いて「冬季オリンピック」開幕 自分でスポーツするのは苦手な私だけれど、スポーツ観戦は割りと好きで、通常ではプロ野球(主に巨人戦)を良く見ていますが、オリンピックと言う4年に1度の祭典はいつもワクワクどきどきで見ています。 普段はフィギュアスケートもカーリングも見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

淡雪

昨晩から未明にかけて降り続いた雪は2年ぶりに東京やその周辺の町を見事な「スノーホワイト」に染め上げました。 写真は今朝の出勤途中、いつも通る川の橋の上から堤防の斜面に積もった雪を撮りました。 実は私の出勤時間の午前8時頃には既に車の通行量が多い大通りなどには殆んど雪は残ってなくて、路肩や歩道にその名残を留めるだけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪の降る日に

2月に入りました。 と、思っている傍から・・・ 雪です。寒いです。(写真がオレンジ色っぽいのは街路灯がオレンジ色なので・・・) 明日の朝まで降るらしいのでかなり積もるのではないでしょうか。 気象庁発表の降雪見込みでは東京23区、南関東平野部でも積雪5センチと・・・ 雪国の方々から見たら(たかが5…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブルームーン

久しぶりの更新が半月以上振りでした。 上記写真は昨夜(1月30日)の月を写したものです。 昨日は満月。 月の満ち欠けは約29.5日周期と言う事で普通、満月になるのは月1回なのだけれど、今月のように1日か2日が満月の時は月末にまた満月が巡るという事象が起きる。まあ、3年~5年に1回という周期割合なので非常に珍しい…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

新政権発足

先の衆議院議員選挙の大勝を受けて、今日9月16日、民主党、社民党、国民新党3党連立による新内閣が発足した。 内閣総理大臣には民主党党首、鳩山由紀夫氏が就任。 伊藤博文公以来、通算第93代、60人目の内閣総理大臣、だそうである。 しかし、前途は多難な船出、としか言いようも無い。 景気対策、雇用対策、年金問題、福祉、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

政権交代

衆議院総選挙が終わって・・・ 与党の歴史的敗退!! 台風のお蔭か、神風の吹いた野党第一党が歴史的?(と言うほど古くは無いが)大勝利で、いよいよ政権交代である。 それにしてもあれほどの差がつくとはね。前回「郵政選挙」の揺り返しがとてつもない津波となったようだ。 に、しても・・・現政権与党はなんか自滅っぽいんですけど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

皆既日食

日本では46年ぶりに観測可能だった「日食」 結局、私の住んでいる街では午前中一杯、雨が降ったり止んだりで、部分日食の観測は不可能であった。 (もっとも天候が良くても仕事中じゃ到底観測なんて出来ないけどね) 奄美諸島のある島では一番良い「皆既日食」が観測できると言う事で、普段は70名足らずの島民が密やかに暮らしているだけなのに今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花吹雪

今朝の出勤途中、近所の(と、言っても私の母校ですが)小学校の校庭の桜が、折からの風にあおられ、それは見事な桜の花吹雪になって舞い降りていました。 朝の澄み切った陽射しに照らされたそれは、まるでさださんのコンサートの最期を飾る「桜散る」のバックホリゾントでライトを浴びて輝きながら降りしきる花びらのように・・・ 「あっカメラがあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上野動物園

上野動物園・・・子供の頃は後楽園、豊島園、そして上野動物園は家から比較的近い行楽地であった為よく両親に連れて行ってもらった。 その頃はジェットコースターも宙吊り式モノレールも平気だったんだけどな~。 何時頃から高いアンド早い乗り物が苦手になったんだろ? なんか前にも書いた気がしないでもないが・・・どうも春の初めは「入学、卒業シ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

学生街の喫茶店

先日のテレ東「誰でもピカソ」は南こうせつさんプロデュースのフォーク特集。 出演はこうせつさん、大野真澄さん、太田裕美さん 大野真澄さんは元「ガロ」のメンバーで、当時は「ヴォーカル」の愛称で親しまれていた。 「ガロ」は番組でもたけしさんやこうせつさんが触れられていたが、まだまだアンダーグラウンドで「四畳半」や「反戦」などのマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

師走

いよいよ明日から12月・・・・何か年々、一年の過ぎるのが早くなっていくように感じるのは私だけ? 大河ドラマ「篤姫」もあと2回で終わりだし、テレビはもう「年末特番」の様相を呈しているし・・・ ニュースは相変わらず暗いニュースばかりだし、今年も大きな事件が多かった気がする。総理は「失言帝王」だし、 それに不況は止まる所を知らな…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

紅白についてのさださんのお言葉(過去のコンサートトークより)

私の「紅白」についての記事のせいかどうか・・・今までに例を見ないアクセス数に達してしまいました。 エンタメ社長のブログでも「多くの反響に驚いている」と書かれて居りました。 しかし「さださんの男気ある素敵な言葉」については明かせない。と言うことで・・・ そこで、以前さださんが、丁度この時期のコンサートで話されていたことを、思…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

紅白「さださん不出場」について・・・

じつは、いろいろとさださんのファンの方や音楽ファンの方の「ブログ」を見て廻った。 殆んどの方はやはり「年末までコンサートだから」と言う好意的な見解だった。 だが時折拝見している。オリコン垂石社長の「エンタメ社長のブログ」で、事の真相が書かれており、その中でNHKプロデューサーと記者とのさださんに関するやり取りが書かれていて、その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ「篤姫」レビュー23 ~第45話~

将軍、御台所の不在な大奥はひっそりと静まり返り「静寛院」も「本寿院」もそれぞれの部屋でひっそり暮らしていた。そんななか天璋院は滝山、重野、唐橋らと大奥の今後について話し合っていた。「もし、戦になったら?」それがみなの気がかりであり、天璋院はどうにか戦だけは防がねば、と思っていた。 一方で小松帯刀は病を得て国許へ戻っていたが、竜馬亡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more