由布姫

大河ドラマ「風林火山」も中盤を向かえ、この数回の由布姫「柴本 幸さん」が素晴らしい!!
諏訪大宮司家の息女としての凛とした姿、父を討った憎き敵将「武田晴信」に対する憎悪とその心とは逆に晴信に魅かれて行く心、相反する二つの心の揺れに戸惑い、悩み、己をも恨めしく思う複雑な心情、晴信正室「三条夫人」との熱く、冷たい確執

これらを今回が初登板の新人女優が演じているとは思えないほど情感たっぷりに演じている。
特に「瞳」で情感を表せるその演技力は、流石に父「柴 俊夫」母に「真野響子」をもつ所謂2世タレント、サラブレッドである。

さださんも「年の初めは・・・」の中での「大河ドラマ番宣」のコーナーのあと、「柴本 幸」はとても良い娘だからよろしくね。みたいなことを仰っていたっけ。柴 俊夫さんとは「夜のヒットスタジオ」以来、個人的なお付き合いでもおありなのかな?

「三条夫人」演ずる「池脇千鶴」さんとの対決も見ごたえありましたな。
もっとも二人とも浅田美代子さん演ずる「萩乃」においしい所を持って行かれてしまった感はあるけど・・・

ところで、「風林火山」・・・山本勘助も武田家中でやっと「軍師」として認められたようだが、それでも「甘利虎泰」ら譜代重臣の中には良く思っていないものが多い。
だが、そんな勘助の一途な思いは「晴信」「由布姫」「板垣」にはやっと伝わったようだ。

「今川義元」「北条氏康」「村上」「小笠原」「上杉」と戦国乱世の関東甲信越を彩る武将が出揃った感があるが、結局領地を取ったり取られたり、相互に同盟を結んでは裏切り裏切られたり、と言う様を見ていると戦国時代の結末を知ってしまっている後世の私たちには、最終的にはこれらの大、小名達が淘汰され、織田、豊臣、徳川に討たれ、或いはその軍門に下ってしまうのも「必然」だったのかな?と思う。
その象徴が「武田信玄」であり、「今川義元」の描かれ方と言う気もしないでもない。

とまれ、大河「風林火山」はこれからが山場、いよいよガクト演ずる「長尾影虎」(後の上杉謙信)の登場である。ガクトさんと言う超個性派のアーティストが新たなる「謙信像」をどう創って行くのか?というところがこれからの見所?かな・・・

"由布姫" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント