「千の風になって」

先日、温暖化の影響で暖かい日が続いている・・・・と書いたとたん、真冬以上の寒い日が2日も続いてしまった。
皆さんは風邪等召されては居ないだろうか?もう直ぐ2月も終わり、季節は変わり目を迎えている。皆さんくれぐれもお気をつけて・・・

「千の風になって」と言う秋山雅史さんの唄が話題になっている。
昨年末の紅白でも唄われたが、最近も先日のNHK「歌謡コンサート」で唄われているのを見た。聴くほどに心に染み入る唄だ。

この唄のように、もし、風になれたなら、逢いたくて逢いたくて、それでも逢えなかった人が今、幸せに暮らしているかどうか、せめて一目逢って見たい。
繰り返す季節の中で、あの人の明るい笑顔をもう一度見てみたい。
その人が私に気付くことが無い、とわかっていても・・・

街角の、何処かの公園から、沈丁花の香りのしてくる季節になりました。
もうすぐ「卒業」の季節・・・あの花の香りの向こう側で、思い出の人は背を向けたまま、まだ私の記憶の奥の方で、ささやかに咲いています。

ところで、みなさんは「卒業式にもさだまさし」宛のお葉書の投稿はお済ですか?。

私は又、懲りもせず御題をふたネタ投稿させて頂きました。
相変わらずボツでしょうが、番組が終了したら、又ここに書きます。

弥生三月、春はもう直ぐそこまで・・・





"「千の風になって」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント