「ミュージックフェア21」~完全ネタバレにつき注意~

「ミュージックフェア21」、今日はさださんと夏川りみさんとの共演。

それにしても恵さんと杏樹さんとりみさんの3人を巻き込んでの「がんばらんば」は凄かった。 「みんなのうた」放送が終わって、民放解禁の「がんばらんば」、ズバンバダンサーズも加わって大盛り上がり。「チョイ悪風」のさださんのサングラスが妙に似合っていたのも凄いが、お三人さんが良くあの振り付けを覚えたもんだな~、と暫し関心。

夏川りみさんとの共演で「安里屋ユンタ~アサドユンタ~」(沖縄民謡)
さださんのヴァイオリンが心地良い。

奇しくも「長崎弁」と「琉球語」のご当地語の共演(4人でのトークより)

夏川りみさん「さようなら、ありがとう~天の風~」
いつもながら、りみさんの声は聴いていて心地良い。昨日の「誰でもピカソ」でも聴いたが、本当は哀しい歌なのに、とても伸びやかで、清清しい。(平原綾香嬢と並んで、コンサートに行ってもいいかな~と思える女性ボーカリスト、ま、現実はさださんのコンサートばかりで中々他の方のコンサートは最近行けてないのだが・・・)

さださん、「鉢植えの子供」 初めて聴くニューアルバムからの曲、本当にここ数年未成年者、しかもかなり低年齢の子達の事件が多い。そういう視点からかなり重い歌なのかな?とタイトルをみた時思っていた。でも、テーマは確かに重いが、曲としてはとても美しく、切ない。
「美しき日本の面影」発売まで後4日、待ち遠しいね。

最後はふたりで、倉田さんのピアノだけでの「秋桜」
ふたりの唄もさることながら、倉田さんのピアノソロがとても良かった。
この唄は最早スタンダードだな、と、りみさんの唄を聴いて思った。

いつもながら「ミュージックフェア」は丁寧な番組を作っている。こう言う番組がもう少しあってもいいなと思うが、30分は短いかな。特にさださんは長い曲が多いし、ファンが聴きたい唄ほど長い。おあとは来週からいよいよスタートのコンサート・ツアーでのお楽しみ。と言う事で・・・

"「ミュージックフェア21」~完全ネタバレにつき注意~" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント