夢の続き

「トリノ五輪」、日本選手団の調子がいまいちである。
4日目を終わってメダル0、入賞者も僅かだ。新聞各紙の論調もだんだん厳しくなるだろう。

しかし、「言うは易く行うは難し」である。4年に一度のオリンピック、4年に一度その日限りの超ピンポイントに照準を合わせる難しさ、体力、体調、精神力、そして技術、その全てをその日にベストに持っていく事の難しさ・・・をこの大会の日本選手団に垣間見るのだ。

そんな中で私が勝手に応援しているスピードスケートの岡崎選手は流石であった。
選手団の主将としての重責、日本全体から受けるメダルへの期待、それらを一身に受けるこのベテラン選手はそれでもカメラの前では常に笑顔なのだ。

そして今日のレース、僅差わずか0・05秒、瞬きよりも短い差で4位となった。
インタビューでは「日本の皆さん、ごめんなさい」と言っていたが、何を誤る必要なんかあるものか!!、あまつさえ大会直前に体調を崩し、ギリギリの状態で迎えたであろうレースでメダルまであと一歩のところまで迫ったのだ。
そして今日のインタビューでもあの「朋美スマイル」は健在だった。
さあ、次は1000メートルと気持ちも切り替えたようだ。次もベストを尽くされる事を祈ろう。

あとひとり、私が勝手に応援するジャンプの原田選手、毎回何かしらやらかしてくれるこの選手は今回も期待を裏切らず?やってしまった。規定体重200グラム不足(の為スキーの長さが長すぎた事による失格)、まあ細かい規定があるものだな。と思ったものだがルールはルール。
極度の緊張で体調が万全でなかったらしい。あのベテラン選手が、だ。そしてこれがオリンピックなのだろう。
これも原田選手らしいといえばらしい、人間くさいよね。ホント
でもまだ「ラージヒル」と「団体戦」がある。きっと又何かやってくれるのを期待したい。

まだまだ大会は半分も行っていない。「夢の続き」はこれから・・・
そして既に競技を終えられた選手の皆さん、お疲れ様、少しゆっくり休んで、また
あなた達の「夢の続き」を魅せてください。

"夢の続き" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント