さだまさしコンサートツアー「とこしへ」

豪雪一過の今日、今年始めてのさださんのコンサートに神奈川県立県民大ホールまで遠征した。
まだ路上には昨日の雪が一杯残っていた。

今回のツアータイトルは「とこしへ」昨年9月のツアー初日、サンシティ越谷市民大ホール以来2度目の「とこしへ」である。

此処10年くらいのパターンとして9月~4月の7ヶ月間で70本位の本編ツアーと2~3本のアコースティックコンサート、12月には3~4本のディナーショーをコンスタントに行っているさださん、5~8月はレコーディングとファンクラブの為のコンサート、そして「夏、長崎から」、この合間を縫ってお休みを取っていらっしゃるようだが、この間にテレビ、ラジオ、執筆などがあるのだから、何時休んでるんだろうと思う。

流石に今年は「春~夏は少し纏まって休みを取って取材旅行などをしたい」と先日、悠里さんのラジオ番組に電話出演して仰ってたけど、5月にはさださんとしては「長江クランクアップコンサート」以来とも呼べるアリーナツアーを行うようなので、ホントに休めるの?と余計な心配をしてしまう次第だ。

で、今日のコンサート、ツアーも中盤ということでじっくり落ち着けるコンサートだった。
大体初日はバタバタする事が多々あるのだが、今回の「とこしへ」ツアーは初日の時点である程度完成されていた感があったからそれに更に磨きがかかったと言う事かな。

まだツアーが30本ほど残っているのでネタばれは出来ないが、今回はアコースティックサウンドに更に磨きを掛けて、アダルトティストなリッチな大人のコンサートと言う雰囲気だ。
舞台構成も、照明も、とても良い、特に二部の照明は幻想的だよ。(今回は2部構成です。「お互いいい歳になったからね。」だって、でも確かに助かる。)

曲もトークも本当に良い。さださんの優しさ、温かさ、そして強さが溢れて、グイグイ此方を引っ張ってくれる。(あっ女性の方はハンカチを必ず手に持ってね)

最近はこうしてネット関係でお知り合いになった方達とコンサート会場でお逢いできる楽しみもある。
今日もお逢いできた方がいて嬉しかった。

あと今日は若い方が結構聴きに来てた。お母さん、お祖母さんのお付き合いらしき子や明らかに20代前半のカップルなど、さださんファンも裾が広がっているようだね。
このところのテレビ出演が効いているのかな。何にしてもファン層が広がってすこしでもさださんの想いが日本に、世界に広がっていけば良いね。

今日又、さださんから元気を貰いました。ありがとう、そして、ご苦労様。
メンバーの皆さんも、スタッフの皆さんも・・・

あ~っ又行きたくなったなー

"さだまさしコンサートツアー「とこしへ」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント