猛暑…残暑見舞い

全国各地で猛暑日です。

しかし、暦の上では残暑となるのですよね~・・・・皆様へ残暑お見舞い申し上げます。

埼玉でも35度、所によっては37度…体温より高い。

自転車通勤での行帰りはちょっとしたサバイバルです。ウ~熱風が~・・・

と、言うわけで、まだまだ熱中症や日射病、それと意外に今頃風邪をひく方が増えておられるようです。
くれぐれも、お互いに注意しましょうね。

あとひと月、暑さ、寒さも彼岸まで・・・なんとか乗り切っていきましょう。

さて、今日は8月9日・・・「長崎原爆忌」…66回目の夏であります。

戦争を実体験されておられる方々が年々少なくなっている現在。

先の大戦がもたらしたものはなんだったのか、そもそもなんで戦争を始めてしまったのか・・・
連合軍は「正義」であり、三国同盟軍は「悪」だったのか・・・

後世に語り継いで行く為には、先ず私たちが「真実」を知ることから始めなければならない。そして知らなければならないことは実はとても多いのだと言う事を、先日のNHK特集で改めて思い知りました。

例えば、一部の有能な科学者たちが軍部から再三「原子爆弾」の開発を督促されていたことや、連合国にはまだ「原子爆弾」を作るほどの科学力はないと我が国の軍部や戦争指導者たちはたかをくくっていた事実や、やがて戦況が悪化しだすと途端に「自分の保身」の事しか顧みなかった上層部たち。

そして、そんな指導者たちの思惑とは関係なく、「愛する人」たちの為に懸命に闘った前線の兵士たちと、家族を守るために必死で生きた市井の名もなき人々・・・

もうすぐ8月15日・・・66回目の「終戦の日」が巡ってきます。

この記事へのコメント