凶弾

この一週間で、一体どれ程の人が凶弾に倒れたのだろう。

第一報はアメリカでの大学校内銃乱射事件・・・銃社会アメリカを象徴するような事件が又、繰り返されたわけだ。

そして長崎市、伊藤市長銃殺事件、容疑者は行政当局への不満、怨恨を犯行理由にしているらしい、が時期が時期だけに「本当にそれだけの事で、これだけ大きな事件を起こしてしまうのか?」と思う。
長崎と言えばさださんの故郷であり、「夏、長崎から」や「ピースミュージアム」が長崎市の後援を受けている以上、当然さださんと伊藤市長は面識もあれば交流もおありになったろうからこの事件でのさださんの胸中はいかばかりか、と思われる。
まして九州ツアー真っ最中、月曜日には長崎でコンサートが待っている。と言うのに・・・

そして今日、この時点でまだ継続中の「町田立てこもり事件」
立てこもり犯は立てこもる前にやはり銃を使用し人を撃っている。

普段何気なく過ごしいる街中や、本来明るくて安全な筈の学び舎でこのような事件が起きる。
日常の平和がいとも簡単に奪われる。

例えどんな理由があろうと、人が人を殺める事が許される筈は無い。

銃の所持が厳しく規制されている筈の日本でも、このような事件が度々起きている。
「法」とか「制度」って一体何の為に、誰のためにあるのだろうと、こう言う事件が起きるたびに思ってしまう。

罪もなく犠牲になった方々のご冥福を・・・お祈り申し上げます。

                                     合掌

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック