「草原の輝き」

今日の日本テレビ「波乱万丈」、ゲストはアグネスーチャンさんだった。
今年で日本デビュー35周年を迎えるという彼女の半生記。

まだイギリス領だった頃の香港で6人兄弟の3女として生まれ、2人の姉が美人だった事から親戚や周りの人たちに「かわいそう」と言われた事、歌手デビューを父親に反対された事、デビュー後、学校の仲間からいじめにあったこと、など私が知らなかった(当たり前だけどね)エピソードが一杯ご自身の口から語られた。

35年前、1972年と言うとグレープはまだデビュー前、私もまだ小学6年生かあ、あれ?アグネスってもうそんな前にデビューしてたんだ。
あの頃、テレビで唄ってるアグネスが大好きだったな~。
「ひなげしの花」大ヒットしましたね。学校なんかでも良く真似してる女子がいたっけ。
もちろん「ひなげし」も好きだったけど、私はなんと言っても「草原の輝き」が好きでしたね。明るくて爽やかな雰囲気のこの歌があの頃のアグネスの笑顔にはとても似合っているなと思った。

その後は「ポケット一杯の秘密」「小さな恋の物語」「白い靴下は似合わない」などのヒット曲がある。「白い靴下は似合わない」は少女から大人へと成長していく女性の心理と言うか微妙な年齢の歌で、ある意味彼女自身だったのかな?と今となっては思う。

グレープ、さださん登場後は私も殆どフォーク、ニューミュージックしか聞かなくなってしまったから、彼女の大学進学→引退→結婚などはワイドショーなどで知った程度だったし、ユニセフ親善大使として活動されているのもつい何年か前に知った程度だった。

歌や本や講演などを通じて「世界平和」「世界の子供たちのための活動」を今も全国で、世界中で繰り広げているアグネス、去年の末重病で倒れたが、見事に復活した。
時折バラエティ番組やクイズ番組で見かける彼女はすっかり天然系おば様タレントのひとりとなっているが、昔と変わらない素敵な笑顔と歌声で今後も更なるご活躍を期待したい。

~話は変わって~

ところで、その後のさださんの御容態はどうなのだろう。携帯ファンサイトに発信されているご自身の旅日記でもコンサート延期に対する謝罪が綴られていた。と、ファンの皆さんの掲示板で拝見したが、こんな時でもファンのことを一番に気にかけているさださんはやっぱり凄い。

まあ、確かにコンサートの日程は詰まっているし、殆どの会場でチケットは完売、一年に一度、或いは数年に一度のコンサートの会場もあるから、「気にしないで休んでね」と言っても無理だよね。先にも書いたように何せファンのことを一番に考えてくださる方だから・・・

でも、此処はやはり無理、無茶はしないできちんと治して下さりますように、広田さん、石井さん、無理やり起こさないでね。
何より、一日も早いご快復をお祈りしています。

私が中学時代から使っている机の、上に敷かれたシートの中では、あの頃の白いロングスカートにギターを持ったアグネスーチャンの笑顔のグラビア写真と、まだグレープだったさださんと吉田さんが何処かの公園のくずかごで戯れている。アルバム「コミュニケーション」のジャケットと同じスタイルのグラビア写真が今でも二つ並んで飾ってある。

大事な青春時代の思い出と一緒に・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック