歴史小説

大河ドラマ「功名が辻」も関が原の合戦が終わり、石田三成が処刑されたり、諸将に論功行賞があったりで、主人公山内一豊も四国土佐一国、20万石を拝領し、一国持ちの大大名となった。めでたしめでたし、という訳には中々行かないようで、土佐ではまだ長曾我部氏の残党との戦いが残されていた。と言うところで、このドラマも残すところ後3回?を残すのみとなった。

今回の作品は司馬遼太郎さんの歴史小説「功名が辻」が原作になっている。
私が歴史小説に最初に出会ったのも司馬さんの作品だ。
「新史太閤記」・・・言うまでも無く日吉・・・後の関白太政大臣、太閤豊臣秀吉のサクセスストーリー・・・司馬さんの太閤記はスピーディーで小気味良く、歴史の流れやその中で生きる生身の人間達の生き様を判り易く読みやすく綴られており、あっという間に前後巻読んでしまった。
その後に読んだのが「夏草の譜」、一豊が拝領する前の土佐を支配し、四国一円に覇を唱えた南海の勇、長曾我部元親の一生を描いた作品。群雄割拠する戦国の地方領主から身を起こし四国一円を実行支配しながらも時流に抗し切れず、信長、秀吉に仕えざるを得なかった遅れた英雄の生涯。大きな歴史のうねりの中で消えて行った多くの戦国大名のひとつ。

「播磨灘物語」・・・秀吉の軍師として使え、後秀吉からも家康からも恐れられた黒田官兵孝高(女水)の生涯、
「覇王の家」・・・家康嫌い?の司馬さんが書いた家康の生涯。
この作品で家康の幼少時の悲惨な暮らしを知り、後に有名となった「人の生涯とは重き荷を背負うて坂を登るが如し」の意味を知った。この言葉は家康が将軍になって後に側近や跡継ぎ秀忠に語ったもので、某ドラマのようにまだ今川家の先鋒を勤める青年将校時代にこの言葉を言っているとは信じられない。家康とて若かりし日には血気に逸った青年武者だったのだ。
その他「義経」「国取り物語」「戦雲の夢」「妖怪」「一夜官女」などを読んだ。

幕末物では「酔って候」「最後の将軍」「王城の護衛者」等を読んだ。
普通、司馬さんの幕末物といえば大作「竜馬が行く」「新撰組血風録」「飛ぶが如く」が有名なのだが、実のところ、竜馬と新撰組は私はちょっと苦手なのだ。何故かは良く判っていないのだが・・・どうも戦国物での徳川は余り好きではないのだが、幕末物では私は左幕よりなのだ。

例えば、最後の将軍、徳川慶喜にしても、会津中将松平容保にしても幕末乱世でなければ「名君」と呼ばれていたはずで、竜馬が暗殺されず、山内容堂が西郷や岩倉に屈しなければ日本国大統領は慶喜だったかもしれない。

世に「司馬史観」と呼ばれる司馬さんの歴史小説はともかく痛快で、面白い
「箱根の坂」「空海の風景」など、まだ読みたくて読んでないものが沢山ある。早く読まなきゃ・・・それと司馬さんの歴史エッセイ「この国のかたち」や「風塵抄」等もお勧めだ。

こうして司馬作品と出会いながら、他の小説家にもであった。
吉川英二さん  「新、太平記」「新平家物語」
山岡荘一さん  「源頼朝」
堺屋太一さん  「豊臣秀長」「大いなる企て」などなど・・・

堺屋さんの「豊臣秀長」では戦国史の隠れたヒーローにスポットを当てた事が斬新であった。
秀吉の片腕として、参謀として、常に秀吉の影として戦国末をプロデュースした大和大納言秀長の生涯を綴った名作。
常にナンバー2の座にいて兄をサポートし、ナンバー1の実力を持ちながら決してそれを望まない、どころか、そんな自分の存在を一切消したが如くのその一貫した姿勢に憧れた。(実際、数々の秀吉の資料には余り秀長の名は見えない。だが、そんな秀長をその領地大和高田では今でも名君と讃えている)

歴史小説の面白さは、過ぎ去ってしまった遠い過去の様々な出来事を資料を通して見るばかりではない、その時代に生きた人間の目を借りて掘り起こしつつ、現代に尚息づいているこの国の伝統や芸能や仕来りや人の生き方などを再発見することであり、歴史は決して過ぎてしまったことではなく連綿と続いている現在、そして未来への架け橋なのだ。

「温故知新」・・・古の人々は良いことを言ったものだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 富山大学人文学部

    Excerpt: 富山大学人文学部に関する多載な情報です Weblog: 富山大学人文学部の情報 racked: 2007-04-24 14:08