コンサートツアー「美しき日本の面影」初日リポート

さださんのコンサートツアー「美しき日本の面影」初日
埼玉県の三郷市文化会館へ行ってきた。
画像

画像
今日の会場、三郷市文化会館
画像

画像
お馴染みのトランスポート、フリーフライト号(時にはさださんも乗車すると言う)

開演pm6:07~終演pm9:13 途中休憩を15分ほど挟み、2部構成プラスアンコール2曲
今日はさすが初日でちょっとバタバタ感があったのは否めなかった。
或る曲が終わって、さださん一言「やはりリハーサルってちゃんとやんなきゃダメだね」そして後ろにいた石川さんに「ごめん」と・・・もしかして宅間さんがブログで書かれてた一曲はこれかな?

これからツアーが本格的になるので詳しくは書けないのがど~ももどかしいのだが、全体的に言うと最新アルバムが中心の大人のコンサート。(と、さださんも{此処はご自慢の様子で}仰っていた)
これほど新曲を歌うツアーも珍しいな。と言える位。
それと新曲に挟まれながら、此処最近ではコンサートでご無沙汰だった曲がずらっと並んだ。

新曲にしてもアレンジや楽器構成が違うとここまで違う曲になるのか、と言うものもあったり、懐かしい曲もアレンジや構成を変えたり、或る曲ではこれぞ「さだロック」であるし、じっくりしっとり聴かせる曲もあり、バラエティに富んでいる。

さださんも唄に、ギターに、ヴァイオリンに、トークに、絶好調のようだった。
まあ、流石に2度目のアンコールで出て来た時はヘトヘトって感じだったけど。

トークも今流行のことから、「今年ご自身が経験した数々の出来事」「或る大物芸人との出会い」「某局看板番組誕生秘話」などなど、涙有り、笑いあり、悲喜交々の話題を曲の間に散りばめながら、「本気で言いたい事」もさりげなく入れていた。

ステージも今回は20年位前にもどったような手作り感のあるステージだった。が、アンコールで緞帳が上がるとびっくりするよ。皆さんきっと・・・
ライティングも含め、美しく、或る時は妖艶に、或る時は幻想的に、見事に移ろいゆく季節感や唄への思いを醸し出している。

さださんも最後に仰っていたが、このコンサートが段々回数を重ねる毎に変化し、進化してゆく、どんな風に変わっていくのか、それを思うだけでも何度でも行きたくなる、それだけの期待感のあるコンサート初日だった。

で、次は「さいたま市文化センター」へ行きます。6日後です。ではまた


この記事へのコメント

広島のレモン
2006年09月17日 07:43
一言*うらやましい!早く行きたい、聴きたい。見たい、←あ、一言ではないですね(笑)
さだっち
2006年09月17日 09:10
ついに始まりましたね~。いつも初日に行かれる羽柴さんが羨ましいです。三郷まで行けないこともないのですが、諸般の事情でどうしても近場になってしまいます。
私は12月5日の厚生年金ホールが取れました。今からしっかり予習をしようと思います。早く見たいな~、聴きたいな~。
ちょっと先に楽しいことが待ってると毎日の生活に張りが出ていいですね。その代わりコンサートが終わって次の予定のない時の淋しいことといったら・・・。
向日葵
2006年09月17日 09:36
羽柴さんのレポ拝見しながら、曲目やトークはこんな感じだったのかしら・・・と想像しながら思わずニヤニヤしてしまっています!
初日ならではの出来事も体験されたようで羨ましいです。また6日後、どんな風に変わっているか楽しみですね。私も早くまっさんにお会いしたくなっちゃいました♪
羽柴小一郎
2006年09月17日 13:41

広島のレモンさん、いらっしゃい
コメント有り難うございます
 さださん、とてもお元気そうでしたよ。
今回のコンサート、初日は新しいアルバムからの曲がとても多かったです。今回のアルバムをじっくり聴きこんでからコンサートに臨むともっと楽しめると思います。

そういう意味では、私はちょっと消化不良気味かな?

羽柴小一郎
2006年09月17日 13:49
さだっちさん、いらっしゃい
コメント有り難うございます。

本当にここ数年、初日に参加できるのは嬉しい事です。何故かいつも初日は埼玉県内で行われるのでラッキーです。

厚生年金に行かれるのですね。あのホールは見易さ、音響面ではトップクラス、なんと言ってもさださんの常小屋ですからね。
待ち焦がれる日、約束の日、そんな日があると毎日が充実しますよね。コンサートの無い時はせめてDVDやCDで次に来るコンサートに備えましょう。「横浜アリーナ」のDVDも出るようですし

そうそう、昨日会場で懐かしい方とお逢いしました。はるさんのライブにパーカッションで参加された小田原在住の方、お元気そうでしたよ。
羽柴小一郎
2006年09月17日 13:56
向日葵さん、いらっしゃい
コメント有り難うございます。

初日はどうしてもいろいろな事が起こりますね。本当に生まれたてのコンサートですから・・・
昨日は前の方の席だったので双眼鏡を使わずともステージが良く見えたのですが、曲が始るとメンバーの皆さんが一所懸命譜面を追いながら演奏されている真剣な表情もよく判りました。
さださんのトークの間も譜面や楽器を確認したり、あの巨匠にあっても楽器を耳に当て音の確認をしたり、緊張感が漂っていましたよ。

これからどのように進化していくのか、楽しみなコンサートです。
2006年09月17日 20:48
ご報告ありがとうございました^^
で、なんですか?また6日後に行かれる?
なんて、なんて・・贅沢な・・。

今回は随分新曲のご披露があったんですね♪
それだけ新アルバムに自信があるということでしょうか?
でも、本当に素晴らしい仕上がりのアルバムですものね。
たっぷり聴かせていただけるなんて、ありがたいことですよ。
私は27日に行かせていただきます。
その次は来年の2月の予定。
同じツアーを2回なんて贅沢、とおもいつつも、実家の母をだしに使って絶対行こうと思っています(^^;
羽柴小一郎
2006年09月17日 21:05
ぞろめさん、いらっしゃい
コメント有り難うございます。
本当に贅沢な話で申し訳ありません。

実は会員先行予約では「さいたま市文化センター」の分は落選しておりました。が、幸い某インターネットオンラインチケットのプレオーダーで当選、週末金曜と言うことや住んでいる街から近い、と言う事で行く事にしました。

でもさださんのコンサートって行けば行くほど又行きたい、と思ってしまうのです。
昨日近くの席の方も、[あとは松戸に、NHK]とか言ってましたよ~。
流石の私も県南部と東京23区以外は余程休みじゃないと行かれません。

新アルバムは聴けば聴くほど 心にしみこんで行きますね。さださんや渡辺さんも相当の手ごたえなのでしょう。
27日、お天気が良いといいですね。
まみ
2006年09月18日 10:00
向日葵さんの所からきました。
ツアー初日堪能されたようですね。
今回のツアーは残念ながら参加できないので
レポ楽しみにしています。
またまた すぐにお楽しみなのですね。
羨ましいです。
羽柴小一郎
2006年09月18日 12:55
まみさん、いらっしゃい
はじめまして、今後とも宜しくお願いします。
今回のツアーは参加できないのですか・・・それは残念ですね。

拙いレポで申し訳ありませんが、又書きますので見てくださいね。

この記事へのトラックバック