距離

近くて遠い北の国から、朝一番のモーニングコールが届いた。
ミサイルと言う名の朝ごはんが、早暁の日本海に着弾した。

サッカーW杯ドイツーイタリアの結果が速く知りたくて、まだ起動していない頭をどうにか起こしてテレビをつけた途端に、信じられないニュースでアナウンサーも混乱状態だった。

スカッドミサイルは先の「湾岸戦争」で御馴染みのロシア製短距離弾道弾、ノドンは北の国開発の中距離弾、テポドンは「核」搭載も可能、と噂されている大陸間長距離弾道弾、これらのミサイルが夕方までに7発(ロシア軍部非公式発表では10発とも)発射、日本海への着弾、が確認された。更に数発の発射準備が予測されていると言う。

いったい何処が狙いなのか、何が狙いなのかさっぱりわからない国である。
日本ではなくアメリカが直接的なターゲットだとすれば、その行為は自殺行為だといえる。
それはイラクの例を見るまでもない。
案の定、アメリカとその同盟諸国は「経済処置も辞さず」の構えを強化しつつある。

それで無くとも彼の国の経済状態や国民の暮らしは悲惨の極みであると聴く。
アメリカやその同盟諸国へ対しての示威行動だとすれば自分で自分の首を絞めることになりかねない。と、思うのだが・・・

日本海の領海内、公海内は日本船籍の漁船や輸送船が航行している。
今のところ当該水域には着弾していないようだが、安全確保には充分配慮されたい。

しかし、今回の事でまたまた防衛論議、第9条問題や集団的自衛権行使問題が浮上しそうである。こう言う時こそ国民は政府、国会の動き、解決の仕方を良く見ておかなければいけない、と思う。

外交努力による最善の解決を・・・望むのだが相手が悪すぎるかな~

優勝候補、ドイツは0-0から延長戦の末イタリアに2-0で敗れた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック