黄昏迄

10月も残すところあと一日である。
職場のカレンダーもあと2枚、毎年この時期になると一年の早さを思う。

今年はさださんの毎年恒例の12月の関東、東京公演がない為、今年の私のさださんツアーは終わった(応募してあるサッポロ冬物語コンサートやアルバム「とこしへ」購入者特典のディナーショーの応募はしたけれど、まずくじ運が良くないから当たらないだろう)

それでも武道館コンサート2夜連続や「とこしへ」ツアー初日に行けたのでよかった。
しかも武道館はいろいろなアーティストのコンサートに行ったが入る事の出来なかったアリーナ席に初のさださんのコンサートで入れたのだから充分ラッキーであった。(今年の運はこれで尽きた、と言ってもいい位)

今から24年前、1981,10,31 横浜スタジアムで行われた「長江クランクアップコンサート」が私のさださんコンサートデビューである。
中々チケットが買えなかった。プレイガイドに行っても、応募制のコンサートも・・・
それまでファンの皆さんがさださんのチケットを徹夜で並んで購入していると思ってなかったのだ。

ホントにたまたま行った池袋西武の8階の「あかぎ屋プレイガイド」にそのチケットはあった。
3塁側スタンド席、その日は良く晴れた日だった。左右のスクリーンに映し出される「長江」の風景
それを解説するさださん、そして当時のバックバンド「ふりーばるーん」のメンバー達。

アンコールの「黄昏迄」で感極まってしまった。溢れる涙と鳴り止まない拍手。
中間奏とエンディングのエレキギターの響きはとても素晴らしかった。
今は亡き、福田幾太郎さんのエレキギター・・・

この日以来、すっかりさださんのコンサートにハマッてしまったのである。ライブはやはりいい!!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック