夢鏡

アクセスカウンタ

zoom RSS しあわせについて

<<   作成日時 : 2011/09/19 21:05   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

敬老の日・・・父が健在だったころには、この日、市からは喜寿や米寿などの歳に「お祝い金」が、町会からは毎年「カステラ」が、届けられました。

もうあと十ん?年もすれば、今度はこちらがそう言う立場になるなんて、まあ、信じられないですけどね。

今日は用事もなかったので、久しぶりにさださんの「30周年記念コンサート」のDVD(ダイジェスト版ね)を見ました。

「初日」と「グレープ」と「亀山社中」と「コーラス」…約3時間…ハハ、、やっぱり3時間続けて見るのって疲れますね。

もう9年前になるんですね〜。50代になったばかりのさださん、やはり今よりちょっとだけ若い?

メンバーの倉田さんや渡辺さん、宅間さん、皆さんも今よりちょっとだけ若い感じ・・・

今日はその中で、久しぶりに聴いた「しあわせについて」に、まあ、いろいろ思うところがあったりしてね。

先日の「生さだ」の中で、読まれたかハガキ・・・震災ですべて失っても「今生きている」意味について考え、前向きに歩いておられる方もいらっしゃれば、非情に辛い、苦しい生活を送られている方もいらっしゃる。

狭い仮設住宅で、それでも家族が片寄せあって頑張っておられる方もある。

「しあわせについて」・・・自分は何を以て「しあわせ」であるのか?「しあわせ」の意味を、もう少し深く考えてみようかな?と、ふと思った、そんな日でした。

来年は「40周年」ですか〜、今度はどのようなアニバーサリーコンサートになるのでしょうね。
まあ、まさか「十日連続コンサート」とか、500曲完全歌唱マラソンコンサート、とかは…無理だよね。
でも、「グレープ、二人合わせて120歳コンサート」は、やってほしいな〜


「生さだ」、と言えば「プレイガイドに並んでいたら(一体この列はなんの列ですか?)」と声をかけられた方のハガキが読まれましたね。

実はこの前、自分も同じような体験をしたもので、ふと、その時の事を思い出しました。

それは先月の川口でのさださんのコンサートの時の事・・・

もうすぐ開演、と、言う事でロビーに散らばっていたお客さんを整理すべく係りの方がハンドスピーカ片手に「ここから4列でおならびください!!」と、お客さんたちに呼びかけ、やっと列ができて私も並び始めたところ・・・どこからか70代と思しきおばさまが私の横に来て、「多勢並んでるけど、今日は何があるんだい?」と、私に聴いてきたので、「あ、今日はさだまさしさんですけど・・・」と、答えると「あ〜、そう、やっぱりあの方はすごいんだね〜」と、言われ、やがてホール裏手の出口へと行かれてしまいました。

どこのホールも満杯にしてしまうさださんは、誰が見てもやはり「凄い」存在なのですね。

これは、以前にも書いたことかもしれませんが、演歌の結構大物で、「紅白」にも何度も出場されてるような方でも、平日の公演では、客席の7割くらいしか埋まらないってこともあるようですからね。(実際、私もそのようなコンサートを見ましたし・・・)


先日、SMAPの「中国コンサート」の事が、ワイドショーなどで話題になっていましたね。

あのコンサート会場・・・「北京工人体育館」って、さださんが「長江」を撮影する際に、その挨拶代わりにってさださんが初めて海外公演をした会場ですよね。たしか・・・

日本人アーティストで初めての本格的な中国公演だった、と、記憶していますが・・・あの頃、日本のマスコミって、今回の「SMAP」程には話題にしてなかったような気がしますね〜。


まっ、それだけの事なんですが・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
しあわせについて 夢鏡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる