夢鏡

アクセスカウンタ

zoom RSS 八月の空

<<   作成日時 : 2011/08/06 20:28   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

8月に入りました。と、言ってももう6日なんですが・・・

やっと、と言うか何というか…夏らしい気温と夏らしい空が戻ってきてしまいました。

熱い風、青空に、湧き上がる入道雲・・・でも、ゲリラ豪雨は勘弁してほしいですね。

今日、8月6日は「広島原爆忌」・・・戦争で初めて人類がこの無慈悲極まりない「無差別大量破壊兵器」を実戦使用し、多くの方々が犠牲になられた日であります。

朝のテレビでは「平和祈念式典」を放送しておりました。いつもこの場所で出される「平和宣言」が、全世界に、今現在にも続いている世界中の紛争地域に、届きますように・・・

日本国民にとっては決して忘れてはならない日の一つです。

8月6日、8月9日、8月15日、「二度と同じ過ちを繰り替えさない」為に・・・大切な人の笑顔を守るために・・・

今日は「全国高校野球選手権」・・・「夏の甲子園」の開幕でもありました。

全国47都道府県の予選を勝ち抜いた49代表校・・・選手入場の行進を見ながら、胸に熱いものが込み上げてくるのは何故なんでしょうね。自分の母校が出ているわけでもないのに・・・

今年は特に「東日本大震災」があり、大規模被災地からの出場校にはひときわ大きな歓声と拍手が送られておりました。

「被災者への黙とう」を甲子園の皆さんとともにテレビの前で行わせていただきました。

「今ある命、今ある平和、今ある青空」の下で、野球ができる、野球を応援できる、この時間を確かなものにするために、ひとりひとりが、「自分にできる何か」を考える。

年に一度くらい、そんな日があっても良いのではないでしょうか・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
聖地稲佐山では魂継承コンサート「夏!まだまだ長崎から」が開催されました。
各地で生命について、平和について考える一日になって欲しいと願っています。
9日も15日も同じです。
こういちまま
2011/08/07 13:16
こういちままさん、いらっしゃい。
コメントありがとうございます。

平和について・・・この時期にはなかなか考えることが多いですね。

昨日の夜、NHK特集で原爆に関する番組を放送していました。内容は、昭和20年のかなり早い段階から、陸軍参謀本部は敵基地からの無線傍受から「特殊作戦」の命を受けた部隊が編成されていたことを確認していたこと。8月6日、9日両日とも無線傍受の担当者からその特殊編成部隊が「広島」「長崎」に向かっている事が確認され、軍上層部にまで伝達されていたにも拘らず、上層部からは何の指示も下されなかった事。しかも投下されたのが「原子爆弾」だった、と言う事実さえ軍上層部は否定、或いは隠ぺいしていたことが明らかになった。と言う事でした。

当時、長崎周辺上空を防衛すべく配置されていた航空隊の隊員だった方は「迎撃命令さえ、出されていたなら、…」と悔し涙を流されておられました。

今の時代に政府や国防の中枢がこんな隠蔽体質であるはずはない。と、強く信じたいところですが・・・
羽柴小一郎
2011/08/07 23:18
羽柴さんこんばんは
以前にも書いたことがあるかもしれませんが
私が出会った被爆者の一人の方は軍の命令で
広島で遺体処理にあたっておられたそうです。
その方が、「事実はあんたららが知ってることとは大違いのことが一杯あるんやで」とおっしゃいました。
終戦になったことなど知らされず業務に当たっていたとのこと。広島の原爆投下後の貴重なお話もお聞きすることができました。その内容をここにコメントすることはできませんが、若い世代に伝えていきたいと思っています。
8月6日、8月9日、8月15日が何の日か知らない人も多くなってきました。毎年今頃になると「はだしのゲン」「ほたるの墓」のアニメを随分長く見た記憶がありませんが、今年は「はだしのゲンが見たヒロシマ」公開中だと新聞で知りました。作者の中沢さんが(72歳)インタビューで「被爆者がいなくなれば誰もわかってくれんようになるんでしょうか」と語っておられる記事を読み、なんともいえない気持ちになりました。
羽柴さんのような文章力の無い私は的確に上手く伝えることが出来ないのですが、自分自身も事実を知り次世代に伝えていかねばならないことだと思っています。
的を得ないまとまりのないコメントで申し訳ないです。
ツバメ
2011/08/13 20:30
ツバメさん、いらっしゃい。コメントありがとうございます。

父や母や、戦争体験者の方々は殆どの方が「現在伝わっている既成事実と真実との違い」について語られていますね。
「真実」を風化させないために、私たちが努力していかないといけないですね。
まだ、わずか66年前の「真実」なのだから・・・
羽柴小一郎
2011/08/14 20:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
八月の空 夢鏡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる