夢鏡

アクセスカウンタ

zoom RSS スーパーアコースティック、アンコール「予感」+文京シビックホールまでの道のり編

<<   作成日時 : 2011/04/28 23:12   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

さだまさしさんのスーパーアコースティックアンコール「予感」+ツアーが、今日千秋楽を迎えましたので、先日4月24日の「文京シビックホール」公演のレビューを書きます。

先ずは、コンサートまでの道のり編…今回は会場周辺の写真を一杯撮りましたので・・・

この日は初夏を思わせる暖かい、と言うより少し暑い、歩いていると汗ばむくらいの好天に恵まれました。

画像

JR総武線水道橋駅を降りて「文京シビックセンター」へ向かう途中にある東京ドーム正面エントランス。この日は野球のゲームを含め催し物が何もなく閉館されていました。

画像

東京ドームシティも飲食店などのショップは開店していましたがアトラクションは何も動いていないようでした。

画像

この日の会場「文京シビックホール」は文京区役所をメインとした行政、文化複合施設「文京シビックセンター」に併設されているようです。

画像


画像

「文京シビックセンター」の象徴のようなタワー棟、最上階は展望台になっているそうです。
この外観を初めて見たある人は「これは地球防衛軍の基地か?」と言ったそうですが、成程、そう言われてみると昔テレビで見たヒーローものに出てきた「科学特捜隊」の基地のように見えますね。

さて、ここで時間は16時,開場まであと30分もあるので近くを散策しようと少し歩いてみました。すると・・・

画像

緑の中に佇むは徳川幕府3代将軍家光の乳母にして大奥で最も権勢をふるった「春日局」様の像

画像

街の由来を書いた案内板

画像

坂の名の由来

画像

春日局様の像の後ろは緑と草花の溢れる綺麗な公園でした。
この公園を上の方へ上がって行くと「東京都戦没者霊園」がありました。入口まで行って、写真も撮ろうかとふと思いましたが、流石にそれは「御霊」に対して不敬であろうなと思い留まり、心の中でそっと手を合わせて来ました。

この後、もう少し先まで歩くと・・・

画像


画像


画像

東京ドームの裏と言うか、脇と言うか・・に広大に広がる緑多い屋敷跡&庭園は「小石川後楽園」
水戸黄門でお馴染みの徳川御三家のひとつ、水戸徳川家の旧江戸上屋敷。

此処に水戸光圀や「最後の将軍」こと徳川慶喜が暮らしていたのかと思うと日本史好きの心がうずくんですね〜。

このように東京の中心部やその周辺には東京ドームやシビックセンターのような「現代の象徴」的な建築物もあれば、歴史的遺構や戦中戦後の足跡のような場所まで、幅広く点在しているのですね。

普段あまり歩かないところも、少し足を延ばすと、そこには興味を魅かれるものや大事にしなければいけなものが見えて来たりします。

東京も、ゆっくり歩いて行けば、まだまだ知らないものや魅力的な場所があるのですね。

さて、お待ちかね、?次回はコンサート本編です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
スーパーアコースティック、アンコール「予感」+文京シビックホールまでの道のり編 夢鏡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる