夢鏡

アクセスカウンタ

zoom RSS 「Aer youready Gh!」9回目追記

<<   作成日時 : 2011/01/11 22:13   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

先日の放送のなかのさださんとこうせつさんのトークで思い出したところを・・・

「成人式」について・・・

さださん「そういえば成人式って今はいつやるんだっけ?」
こうせつさん、「確か一月の第二週の月曜日、じゃなかったっけ。」

さださん「なんか、国の都合で祭日が変わるのっておかしいよね?でも、春分の日とか季節ごとの日は変わらないんでしょ?僕はね。休みが多すぎるのは良くないって思うんだよね。」

こうせつさん「まさしはさ、何時どんな時に大人になったな〜」って思った。って言うか、成人式とか行った?僕はね、行けなかったな。なんか、あ〜言う行事で同級生とかと会うのって照れくさいって言うか。だから行けなかったのね。」

さださん、「なんだろうね。あの恥ずかしさは・・・僕は丁度二十歳の時、体壊して長崎に帰ってきてた。結局成人式には行かなかったけど、近所の世話役さんからハンコ、成人式の記念にね、はんこを貰ったの。」

こうせつさん「あ〜、貰うよねはんこ。あれ、式に行かなくても呉れたんだっけ」

さださん、「そう、くれたの。でね。{あ〜、大人になるって、はんこを押す事なんだな}って思ったわけ。
そのハンコね。今でも持って使ってるよ。それから、会社起こして、年金払ってね。」

こうせつさん「偉いね〜。その頃から将来を見据えてた?」

さださん「う〜ん、そう言う事じゃなくて、これは大人の義務だって、思ったからかな・・・」

このトークは大人になるともれなく付いてくる「義務」と「権利」と「責任」の話でした。

ちなみに私も「成人式」には「行かなかった派」でした。まあ、深い考えとか思想があったわけではなく単純に「仕事」が忙しかったから…まあ社会人2年目でやっと仕事の面白さが判りかけてきたところだったから・・と言うのもあるけど、お二人の言う「何となく気恥ずかしい。照れくさい」って言うのもわかるような気がします。

その日、会社の帰りに当時の直接の上司だった部長から「お前、今日成人式だったんだろ?ほら、これ・・」と言ってセーラーの「万年筆」を貰ったことを、30年経った今でも良く覚えています。

自分が「大人」になった。と思ったのは会社から末席ながら「役職」と「名刺」と「ハンコ」を貰った時、ですかね。
さださんの仰るように、「ハンコを押す」と言う行為は漏れなく「この書類にハンコを押したら全てあなたの責任ですよ」と言う事がついてくるのですから・・・


余談・・・・昨年、紅白に初出場し、9分を超える楽曲をフルコーラス唄う事で年末の話題となった植村花菜さん。

私は「紅白」ではちゃんと聴けなかったのですが、先ほどバラエティ番組の企画でこの「トイレの神様」を唄う。と言う事で初めてじっくり、フルコーラス聴いてみました。

感想としては、「この曲は流石に切れないでしょう。」ですね。
この曲は植村さんの実体験をもとに作られた歌だと伺いましたが、その詩やストーリーは本当に細やかで、「大切な人」との心の交流、諍い、別れ、「家族の絆」などがドラマティックに綴られ、その世界観はさださんの曲とも通じるものがあると思いました。

さださんが「関白宣言」で紅白初出場の時もフルコーラス唄う、と言う事が話題になりましたが、美空ひばりさんの「この詩は切れないわよね?」と言うひと声があった事で無事「フルコーラス」を歌う事が出来た、と言う事をさださんが何かで書いておられましたよね。

本当は、すべての歌手のすべての曲をフルコーラスにするべきだとは思うのですが、まっNHKさん側の都合もおありでしょうからね。

あえて苦言を呈するならば・・・「ヒットメドレー」でお茶を濁すのはどうかと・・・(意見には個人差があります)

さて、ひばりさんは「トイレの神様」をお聴きになって「この詩も切れないわね。」と、仰って下さるでしょうか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 羽柴さん、こんばんは。 私も見ていました。あの曲は何回か、フルコーラスで聞いた事があるのですが、いい曲ですね。亡くなった祖母を思い出して、ちょっと切なくなってしまいました。やはり、さださんの事は思っていました。紅白の前にも、ツイッターや誰かのブログなどでも、話題になっていましたね。                                                成人式、今年もニュースでいろいろ報道していましたね。責任と義務、わが国のおとな達も、自慢できる様な姿を見せているとは、決して言えないでしょう。まあ、この頃あちこちに出没している、伊達直人さんや、矢吹丈さんの様に拍手を送りたい方もいますが・・・              せめて、自分の行動には、責任を持った態度をとれる大人でありたいと思います。                                            おやすみなさい、インフルエンザなどには罹らない様に、気をつけてお過ごし下さい。
                                     
パープルキャット
2011/01/12 22:09
パープルキャットさん、いらっしゃい。

植村花菜さんの「トイレの神様」。途中の歌詞の中に「おばあちゃんの見舞いに行くと、もう帰れって言われた。次の朝・・・」の件は私も同じような体験をしているので、ちょっと来ましたね。

「何故、あの歌はフルコーラスでさださんの歌はフルコーラスでは出来なかったのか・」と言う論調があちこちのブログで見られたようですが、さださんの「関白」や「防人」の時にもほかの歌手のファンの方は同じような感情を抱かれたと思います。
だからこのことが今更ながら論議されるのはかえってさださんには迷惑な話ではなかったか、と、私は思うのです。

こういう問題に限らず、自分の身に降りかからなければ他は関係ない、「信号」を守らない。自動車、自転車の運転中に係らず「携帯」を使用している。スーパーなどで自分の子供が走り回っていても怒らない親。

歳だけとっても「大人」になれない大人のなんと多い事か…まあ、きっと自分もその中の一人なんでしょうけれど・・・(意見には個人差があります)

寒波が押し寄せていますね。」パープルキャットさんもお身体、ご自愛くださりますように・・・
羽柴小一郎
2011/01/13 21:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
「Aer youready Gh!」9回目追記 夢鏡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる