夢鏡

アクセスカウンタ

zoom RSS ブログ開設5周年

<<   作成日時 : 2010/09/19 22:12   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

私がこのブログ「夢鏡」を開いて、昨日で5周年を迎えました。

ここまで続けてこられたのも、ひとえにこの拙い、情報もさしてないブログを閲覧くださっている皆さんと、コメントをくださる皆様方のおかげです。

本当にありがとうございます。

あと、このブログの記事の中核である、さだまさしさんが元気にご活躍なさっているおかげです。

さださんのコンサート、執筆、アルバム、テレビ、ラジオ出演・・・その度毎に感想なりを書かせていただいており、またこれからも書かせていただく所存であります。

まあ、、文章や構成がいまいちなのが自分でも恥ずかしい限りですが、どうか、これからも良かったらお付き合いくださいませ。

それと、以前から書こうと思っていた、さださん以外のアーティストさんのコンサートの感想も参加当時の記憶を起こしつつ、そろそろ書いていこうかな、と、思っています。

そこで第一弾!!

私が行ったことのある「演歌歌手」のコンサート、をまとめてご紹介いたします。

@「川中美由紀」さん、「二輪草」と言う曲がヒットしているころ、「浦和市文化センター」(現さいたま市文化センター)でのコンサートを見に行きました。
「二輪草」を歌う時の川中さんが可愛くて、代表曲「提灯の花」ではなかなかの歌唱を聴かせてくれました。
コンサートの中盤では幻想的な芝居仕立ての演出もあり、素敵なコンサートでした。

A「天童よしみ」さん、地元商工会だかの式典ゲストでのミニコンサート。
それでも「珍島物語」「人生しみじみ」など代表曲を熱唱したり、ダンスを披露したり素晴らしいパフォーマンスでした。まっ私としては「大ちゃん数え歌」がなかったのは残念ですが・・・

B「神野美佳」さん、地元川口リリアでのコンサートを見に行きました。
曲名はあまり詳しく知りませんでしたが、テレビで聴いたことのある曲が多かったです。
浪速風の元気になる曲が多かったですね。

C「長山洋子」さん、この時はソロコンサートではなくNHKテレビで放送されていた「お江戸でござる」と言う番組の舞台版と言う事で今は無き「新宿コマ劇場」まで行きました。
主演のえなりかずきさんがまだ「高校生」か、或いは「中学生」だったころの話です。
一部が舞台版「お江戸でござる」まあ、テレビ同様ドタバタの中にも笑いと人情のある温かい芝居でした。
二部は「長山洋子歌謡ショー」で当時のヒット曲「蜩」や「でもね・・・」などを熱唱なさいました。

D「北島三郎」さん、ご存じ演歌界の大御所!!は川口リリアでのコンサートツアー初日でした。
「祭り」「帰ろうかな」「与作」などのヒット曲、中でも「風雪流れ旅」は圧巻でしたね。

以上、すべて父のお供で行ったコンサートですが、「演歌」の歌手の方々の凄いところは、殆どのコンサートが一か所昼、夜、2回公演と言う事。昼の公演が1時か2時から、夜の公演が18:30から、一公演あたり2時間半くらいでしょうか・・・。
それとコンサート終了後には歌手の方がロビーの物販コナーに来て、CDやコンサートグッズを手売りしていることです。さすが北島御大は出てこられませんでしたが・・・

後、父のお付き合いで行ったのは、NHKの「歌謡コンサート」と「日本のうた」と言う番組観覧ですね。

「歌謡コンサート」はその名の通り、毎週火曜日よる8:00から大概はNHKホールから生放送されており、私が行った頃は今はフリーアナウンサーの宮本隆二さんが司会をされていました。
「日本のうた」は収録番組で私の行った頃は阿部渉アナウンサーが司会だったと思います。
こう言う番組では日頃自分ではあまり聞かない歌手の方々の歌が聴けるのが良いですね。
五木ひろしさん、森進一さん、布施明さん、和田アキ子さんなどなどの歌を聴くことが出来ました。

また、テレビ番組つくりの舞台裏や収録番組ならNGのための取り直しなどが垣間見えたり、本編終了後には観客のためだけに「おまけ」として3人くらいの歌手の方が唄ってくれたりとか、これはこれでなかなか良かったです。

NHKの歌番組は通年で「観覧募集」をしており、収録日や「観覧募集」の要項はホームページから確認できます。
そろそろ「紅白歌合戦」の「観覧募集要項」も出るでしょうが、これがなかなか当選しないんですよね〜。
さださんが出演している頃、3〜4度応募しましたが全然当たりませんでした。

両親には何度かコンサートチケットをプレゼントしたり、父にも「付き添いを必ず付ける」と言う条件で(ほとんどは兄嫁が行ってくれましたが・・・)行きたいと言っていた歌手の方のチケットを買ってあげたりしていました。

その中でも「美空ひばり」さんの「新宿コマ」での公演のチケットを両親にプレゼントできたことは今でも良かったな〜と思っています。何せその2年後くらいに当の「ひばりさん」が逝ってしまわれたから・・・

そう言う事で、父なき今はもう「演歌歌手」のコンサートへ行く機会もないかもしれませんが、「石川さゆり」さんや「小林幸子」さんのコンサートには、1回くらいは行ってみたいな〜、と思います。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ブログ開設5周年おめでとうございます

気が付くのが遅く間の抜けた頃にすいません。
5年という歳月、続けて下さったお陰にて「夢鏡」さんともお会いでき嬉しい限りです。
いつも、素晴らしい文章力にて楽しみに拝読させて頂いております。
今回、演歌歌手特集のごとく楽しい内容にてご両親との温かい関わりに心を和ませています。

コンサートと言っていいのかわかりませんが、それがコンサートデビューというのであれば、中学校の体育館のござの上で見た(幼なすぎておもしろくもなんともなかった。記憶に残っているだけ。)のは「こまどり姉妹」「畠山みどり」羽柴さんはご存知でしょうか?
東京の叔父さん(現在は大宮)に連れて行ってもらった「山田太郎ショー」自分の意思で行った「フォーリーブス」「ロッテ歌のアルバム」
ここまでは中学生でした。ここから、さださんにどうやって繋がっていったのか。多感な青春時代へと突入です。
ただ、懐かしく書き並べてみました。
羽柴さんのような文章が書けるように色んなことを勉強するために羽柴さんのブログの愛読者でいたいと思っています。季節はずれでもツバメは飛んできますが宜しくお願いします。
ツバメ
2010/09/23 21:22
ツバメさん、いらっしゃい。
お祝いコメントありがとうございます。

「こまどり姉妹」も「畠山みどり」さんも「山田太郎」さんも知ってますよ。もちろん「フォーリーブス」もね。
「ロッテ歌のアルバム」も毎週見てましたね。私が、と言うより姉や兄たちが見てたんですけどね。
でも、奥村チヨさんの「終着駅」とか、ちあきなおみさんの「夜間飛行」とか弘田三枝子さんの「人形の家」とか、良い曲だな〜って聴いてましたね。後、「タイガース」(阪神じゃないですよ)ジュリーカッコよかったわ〜

人生初の…と言う事であれば両親に連れられて行った「橋 幸雄ショー」かな?歌舞伎座の2階席、多分10歳くらいの頃、まあ行ったくらいの記憶しか残ってないですけどね。
ま〜、私のようなブログであまり為にはならないと思いますが、良かったらこれからもお付き合いください。
何時でも気楽にお越しくださいね。
羽柴小一郎
2010/09/24 22:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブログ開設5周年 夢鏡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる