夢鏡

アクセスカウンタ

zoom RSS 川口総合文化センター開館20周年

<<   作成日時 : 2010/07/06 22:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

私の地元、川口駅に隣接する複合文化施設「川口総合文化センター・リリア」が今年、開館20周年を迎える。

川口にはこの「リリア」が完成する以前から昭和40年代に作られた川口市民会館があり、よくテレビの番組収録や生放送で「8時だよ全員集合」や「カックラキン」などのヴァラエティ番組がやってきていた。

またこの市民会館は完成当時では国内有数の音響設備と音響の良さを誇り、有名な交響楽団が録音のためだけに使ったりしていた。

しかし、キャパシティが1200と「中型ホール」だったため、歌謡曲などの歌手の単独コンサートなどはなかなか開かれなかった。

さださんがソロコンサートを始めた昭和52年ごろ、私の住む町の近隣ではキャパシティ1500を超えるホールは数えるほどしかなく、あまり埼玉県でのコンサートはなかったように思う。

そのうち、サンシティ越谷市民ホールが完成し、「さだまさしコンサート」の埼玉県でのメイン会場となり、このホールによく通うようになる。近年のさだまさしコンサートの初日と言えばこのサンシティか三郷市文化会館になっている。

それからは「浦和市文化センター(現、さいたま市センター)」、「大宮ソニックシティ」とキャパ2000クラスの大ホールが次々と完成し、そのたびに「さだまさしコンサート」が来るようになった。

そんな矢先に聞いたのが「川口駅前再開発事業」の一環として川口駅西口に「複合文化施設」を建築することが発表された。と言うニュースだった。(つまり、近年取りざたされている全国レベルでの箱モノ行政、の一環、だったわけであるが・・・)

その中にキャパ2002席の大ホールができる、と聞いた時には(さださん、一回くらいは川口にも来てくれるかな〜)程度に思っていた。

そして、1990年7月、「川口総合文化センター」落成・・・開館記念のオープニングシリーズとして、Jポップから「ジ・アルフィーコンサート」と「さだまさしコンサート、続第三期黄金時代」の開催が発表された。

そのほかのラインナップはよく覚えていないが、「宝塚」「クラシックコンサート」それと地元出身の演出家蜷川幸雄さんのミュージカルだったと思う。

チケット発売日には朝早くから会館に並び、前から5列目のステージど真ん中と言う素晴らしい席をゲット。

1990年7月10日、初めて地元の出来立てのホールで見る「さだまさしコンサート、続第三期黄金時代」はその数か月前に見た東京のコンサートとほぼ同じメニューだったはずなのに、なぜかとても違う感じがして、もちろん会場中とても盛り上がり、それまでの中でも一番のコンサートとなった。

それから20年、明日7月7日、さださんはリリアメインホールでの15回目か16回目ほどのステージを踏む。

私が地元のホールでさださんのコンサートを見るのが明日で14回目、確か諸事情で参加できなかったコンサートが2回ほどはあると思うので・・・

ここ10年ほどは毎年来てくれるさださん、このホールのどこを気に入ってくれたのだろうか・・・
しかし、なんにしても誇らしいホールになったものである。

また、さださんにとってもこのホールは幾度かのメモリアルになっている。

「コンサート3000回達成」でオリコンから特別表彰として「認定書」が授与されたのはここ、リリアメインホールのホールロビーだったし、「日本妖精伝ツアー」でフジテレビが放送したのもここである。
コンサート開催日がさださんの誕生日だったこともある。

これからあとどれくらい、さださんがこの町の、このホールでコンサートを開いてくれるかはわからないが、「また、この素晴らしいホールで会いましょう」と、さださんが言ってくれる限り、地元開催のコンサートには参加しようと思う。

ちなみに、さださん以外でツアーには必ず川口に来てくださるアーティストは次の通り。

「高橋万梨子」さん(ほぼ毎回)「ジ・アルフィー」(こちらもほぼ毎回)
「松山千春」さん(時々)「小林幸子」さん(1年おきくらい?)北島三郎さん、などなど、

今秋、20周年記念シリーズで「ウィーンフィルハーモニー管弦楽団」が来ます。本公演は当初「小沢征爾」さんが指揮をする予定でしたが小沢さんが病気療養することになり指揮者が変更されました。
この公演の詳細をお知りになりたい方は「リリア」のホームページをご参照ください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
地元に素晴らしいホールがある事は、誇らしい事ですね。しかもそこへ毎年さださんがいらして下さるという事はファンにとって幸せな事です。
近くに参加可能なホールが沢山あり年間何度もさださんに逢えるのは羨ましい限りです。
私の場合は、県内にいらしてくれるのは年に1回です。
その1回にどれ程の思いで出かけるかはおわかりだと思います。
そしていつも気になるのは終了時間です。
ずうーーーーと聴いていたいのですが、盛り上がり長引けば帰りの最終の船に間に合わなくなります。
アンコールまで充分さださんの世界に入っていますが、終了と同時に駆け足で高速艇ターミナルを目指します。
香川県民ホールは港に隣接されており近い事が幸いです。
陸続きであればなあといつも思います。
強風のため急遽船が欠航になり、宿泊をしなくてはならなくなった事もあります。
長ーーーいファン歴コンサートにも様々な思いでがありますね。

またコンサートの様子レポ楽しみにしています。
私は富士山目指してGO!
こういちまま
2010/07/07 07:39
羽柴様
ご無沙汰いたしております。
昨日のリリアホールに行かれたのですね。
私も参加させていただきました。
東京在住ですが、とてもいいホールで、とてもいいコンサートでした。
悪天候が予想され、さださんも心配してくださっていましたが、終演の頃は何事もなく、皆さん家路に着いていて良かったです。
昨日初演の楽曲もあり、ツアー初日の緊張とも違い、ツアーの進化を感じますね。
ツアーの後半にまた参加したいと思いました。
案山子好き
2010/07/08 12:15
こういちままさん、いらっしゃい。

昨日の川口でのコンサート、さださんがオープニングトークの挨拶で「このホールが今年20年だということで、おめでとうございます。まっ私ほど長くやっていると、20年?まだまだヒヨっこだね〜っていう感じですが・・・」と。おっしゃっていました。確かに、まだまだ東京厚生年金や大阪フェスには遠く及ばないですが、地元民としてこのホールを末永く育てていければ、と思います。

ツバメさんのレスにも書きましたが、東京近郊に住んで近距離にコンサート会場が点在している地域のファンの方と、年に一度や数年に一度のコンサート、それも会場までが遠かったり交通の便が良くない地域にお住いのファンの方とのコンサートに対する「温度差」や「こだわり」っていうのはかなり違うのかな、と思います。
でも「さださんが好き」「さださんの歌が好き」って言うところは多分、都会も地方もない、と、思います。
10人いれば10人、1万人いれば一万人分のさださんやさださんの歌に対する向き会い方、愛し方、があると思います。
もしかしたら「生涯にたった一回」のさだまさしコンサート参加のために全力を尽くして仕事や日々の暮らしを歯を食いしばって頑張っている人もいるかもしれないですよね。そういう方にこそ「素晴らしいコンサート」でありますように・・・(あ〜これもさださんの受け売り「今日のお客様一人一人を見ていて、その人にとって今日が生涯たった一回のさだまさしかもしれない、そう思うから僕は手抜きをしないで今日も目一杯頑張る」っていうステージトーク)ですが・・・)

「富士山」さださんも心配しておられましたが、晴天に恵まれることをお祈りしています。
羽柴小一郎
2010/07/08 23:12
案山子好きさん、いらっしゃい。

昨日のコンサート、ご一緒だったんですね〜
「リリア」を「よいホールだ」と言っていただけると我ことのようにうれしいです。
 
コンサート、私も初日とのかなりの違いに驚きました。きっと今回のツアーはさださんの中ではまだまだ発展途上なのかもしれないですね。

私も12月のツアー最終日には参加したいな、と思っています。
こうなったらこのツアーの最終進化形を見届けなくちゃ!!ね!!
羽柴小一郎
2010/07/08 23:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
川口総合文化センター開館20周年 夢鏡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる