夢鏡

アクセスカウンタ

zoom RSS ALICE IN TOKYO DOME 〜明日への讃歌〜 レビューその1

<<   作成日時 : 2010/03/01 22:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010.2.28 於 東京ドーム

画像


昼過ぎまでの冷たい雨が嘘のように晴れ上がった東京ドーム上空 東京メトロ後楽園駅からでた所(午後2時半)

画像

ドームのお隣は後楽園遊園地、ジェットコースターの轟音とお客さんの歓声が響く。

ドームは既に開場されており、最寄の入り口より入場。手荷物検査などを実施している為入り口は長蛇の列。
ついでに、入場して直ぐトイレに行ったら、此方も長蛇の列で、席に着くまで20分くらいを要してしまいました。

画像


画像


自席から開演前のドーム内の様子を・・・今回は3塁側一階席の上段の方、更に3塁側といってもレフト側のポールまで数メートルと言う所で、ステージは左斜めから見ることに・・・キンちゃんのドラムがギリギリ見えるところでした。

客席はアリーナも1、2階席も満員でした。(ちなみに外野席はバックステージに当たる為今回はクローズ、後1,2階席も所々が1ブロックごと空いていました。たぶん照明、音響用イントレが立っているためにステージが見えにくい、と言う配慮からクローズされたのだと思います。)

谷村さんのステージトークによると今回は42000人と言う観客数だったようです。
3人合わせて182歳のアリスに会いに、これだけ沢山のファンが集まりました。

谷村さんの九州から来た人!!、とか各地方調査では九州から北海道まで、全国いたるところからファンのみなさんが集まったようです。まあ、谷村さんの「東京近県から来た人!!」と言う声に対しての反応が一番大きかったのは言うまでもありませんが・・・

以下、セットリスト

第一部  開演 15:15

1 LIBRA 〜ふたつのこころ〜
2 荒ぶる魂
3 BURAI
4 野生の風
5 あなたのために
6 羊飼いの詩
7 走馬燈
8 ライトハウス
9 夢去りし街角
10涙の誓い
11ジョニーの子守唄
12冬の稲妻 

第一部   終演 16:15

今回は第一部からバンドと一緒のアリス。
いきなりロック調の激しい曲から始りました。
ペースとしてはだいたい2曲歌ってトークを少し、みたいな配分でしたかね。
ベイやんと谷村さんの息のあった掛け合いは面白かったです。

私は「あなたのために」「羊飼いの詩」「走馬燈」と言うアリスの本当に初期のアコースティックな曲を演奏してくださったのが嬉しかったですね。

「ライトハウス」は阪神淡路大震災の復興を願ってアリスが作った曲。などなどその曲と時代、それにまつわる思い出話などを話してくださいました。

そして・・「今回はツアーが終わって、もう後は全部おまけ、そんなコンサートです。後々色々お楽しみもあります。
何故今日は3時からはじめたのか?色んな曲をやりたいしね。もう9時まででもやるよ!!」と、谷村さん。

「でも、その前に一旦休憩を30分取ります。ゆっくりね。」

と言う事で、此方も長くなりました。「お楽しみ」・・・サプライズ満載の第二部は・・・明日までお待ちくださいね!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
アリス 懐かしいです。最高 9〜10は 僕の思い出の曲です。中学校の頃 流行りました。
45歳男&村石太マン
2011/04/27 11:35
45歳男&村石太マンさん、いらっしゃい、初めまして。
アリスの東京ドーム公演からもう一年以上も経ってしまいましたが、この日のコンサートは素晴らしいものでした。
懐かしくて、そして新しい・・・大人のフォークロックですね。
今後ともよろしくお願いします。
羽柴小一郎
2011/04/28 21:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
ALICE IN TOKYO DOME 〜明日への讃歌〜 レビューその1 夢鏡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる