夢鏡

アクセスカウンタ

zoom RSS さだまさしさんのニューアルバム「美しい朝」

<<   作成日時 : 2009/06/10 20:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

を、毎度御馴染みの我が町の「山野楽器」さんで昨日、フライングゲットしてまいりました。

「山野特典」は「ジャケット」と同じブルーのハンカチ、それとプレゼント応募葉書。

とりあえず、歌詞とライナーノーツを先に読みました。

なんか、もうそれだけで胸が詰まったり、心が温かくなったり、ちょっと切なかったり・・・
これで曲がついたらどないなってしまうんやろ!?

このアルバムでのさださんの思い・・・「命」「人生」、その中での人と人とのふれあい、人情の機微・・・つまりはいつもより少し大人の「さだロック」や「さだバラード」などが見事に描かれているようです。

しかし、いつもながら、さださんの何気ない言葉を選びながらも紡ぎだされる歌詞や文章はとっても素敵です。

このアルバムを携えての「コンサートツアー、美しい朝」も、まもなくスタートします。
すっかり御馴染みとなった日本有数のスタジオセッションミュージシャンとさださんとの素晴らしいコラボレーション。
楽しみですね

さて、全曲視聴後の感想は叉後ほど、と言う事で・・・

そうそう、今日付けの「読売新聞」紙上での「美しい朝」の全面広告、見ましたよ。
ユーキャンさん、大ヒットすると良いですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
私もライナーノートから入りました。
「抱きしめて」では私の住んでいる、小豆島を意識して書いて下さっていて、それだけでも大感激です。
実は島では先行して試写会があり、すでに見ましたが、本当に愛にあふれた、親子で見るのに良い作品でした。
夏の公開です。皆さん是非小豆島の美しい風景が沢山描かれていますからごらんになって下さい。
「ママの一番長い日」は圧巻です。涙涙でした。
このアルバムはさださんの「命」についての思いが凝縮していました。
「いのちの理由」のライナーノートにその思いがはっきりと的確に書かれてあり、教科書に載せたらいいと思いました。
やはりさださんはすごーーーーい
「アントキノイノチ」も私は今までの作品のなかで一番お勧めです。主人公の父のような親でありたいと思いました。
アルバムの感想又聞かせて下さいね。
こういちまま
2009/06/10 23:38
ご無沙汰しております。
私も本日購入いたしました。久しぶりに「全曲いい!」と思いました。池袋の「さだまさし博覧会」会場で購入したのですが、手鏡とハンカチをいただき、更に明日のミニミニライブ(トークと歌で30分だそうです)の抽選会も参加できました。結果は「ハズレ」ましたので、20日からのツアーまで、生歌はおあずけです。残念!
案山子好き
2009/06/10 23:46
こういちままさん、いらっしゃい。コメント有り難うございます。
さださんのCDは先ず、そのライナーノーツに価値がありますね。曲の背景やさださんが何故その作品を創作されたのか、と言ういわゆるバックステージの事、さださんが伝えたい事。その作品に至った訳など・・・

だから世の中が幾ら「音楽配信」の時代になってもさださんの曲だけは「パッケージ販売」を続けて欲しいと思います。
ところで、小豆島にお住まいですか〜良いですね〜。
私は映画やテレビでしか見たこと在りませんが、「風光明美」と言う言葉がピッタリの美しい島ですね。
「僕とママの黄色い自転車」キャストも好きな役者さんなので是非見たいと思ってます。
羽柴小一郎
2009/06/11 22:06
案山子好きさん、いらっしゃい。コメント有り難うございます。
「さだまさし博覧会」にいらっしゃったのですね。
わたしは今回は行かれそうにないな〜。

今回のアルバムはタイアップ曲が多いのにも関わらず「命」「家族」とコンセプトが非常に明確なアルバムですね。
だからでしょうか。とても切ないのに何処か「暖かさ」を感じるのは?
この時代や張り「さださんの歌」が必要な時代なのでしょうね。
全ての年代に・・・聴いて頂きたい一枚ですね。
羽柴小一郎
2009/06/11 22:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
さだまさしさんのニューアルバム「美しい朝」 夢鏡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる