夢鏡

アクセスカウンタ

zoom RSS 桜月夜

<<   作成日時 : 2009/04/04 21:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

さて、更新をおさぼりしている間に弥生三月はとおに過ぎて卯月四月・・・

この間、WBCではわが「侍ジャパン」がV2を達成し、選抜高校野球では長崎県代表の長崎清峰高校が長崎県勢悲願の優勝を遂げた。清峰高校は監督さんのリクエストで応援のコンバットマーチにさださんの「がんばらんば」を取り入れた。「がんばらんば効果」!!で優勝って言っても良いのかな?でもピッチャーが良かった様だね。

「侍ジャパン」の優勝後のシャンパンファイトではっちゃけてたイチローの子供のようなはしゃぎっぷりがとても印象に残った。イチローファンの中には「いつものイチローらしくない」と言った声も遠くの方から聞こえてくるが、きっと今回のWBCはイチローにとってとても重圧の掛かる試合の連続だったのだろうと思う。
私は「おいしい所を頂いちゃいました」といって笑ったイチローのほうがより人間的で魅力的だな。と思った。

韓国に負けたときは敗戦の責任を一身に背負っている感じだった。ま〜打てなかったからね。
けれど5度目の対韓国戦となる決勝戦の、同点で迎えた延長戦でタイムリーヒットを打っちゃうんだから、やはり「強運」と言ってよい。

口さがない評論家の中には「あの時、何故ダルビッシュだったのか?藤川なら抑えてあの回で終わってたのではないか?」とか「たまたまイチローに廻っただけ」などという輩も居られるが、それは違う。
延長となってイチローに廻ってしまう。それこそが運命であり、天才打者の宿命なのだ。
そして、其処でタイムリーを打ててしまえるのが「天才」の「天才」たる所以なのだ。古い野球ファン、とりわけ「長嶋茂雄」のファンだった野球ファンなら或いはお判りいただけるだろうか・・・

それにしても・・・あの「敗者復活」ルールはどうなんだろうね。まッそのルールのお蔭で日本は連続優勝をしたわけだけれども・・・そう言えばサッカーワールドカップアジア最終予選のバーレーン戦もあった。1−0で勝った訳だけどもこの一勝は大きい。負けてれば後はない。瀬戸際のゲームだった。後一勝すればワールドカップ!!

WBCももっとじっくり月日をかけて、出来ればブロック予選をリーグ戦にして総当りホームアンドアウェイ、勝ち点方式にしたほうがよりスリリングだと思うが、どうでしょう・・・そうでないと何か結局同じチーム同志が何回も試合をしてる感じになっちゃうよね。それにシーズン開幕直前のひと月で何もかも決着付けようってのも無理がある。
まあ、実際プロ野球をしてる国がプロリーグサッカーをしてる国より遥かに少ないのが一番の問題なのだろうが・・・

そしてプロ野球も開幕、桜は今が盛りと咲き誇っている。

新年度、新学期、新入生、新社会人・・・色々と環境の変わった方々も居られる四月

まだまだ、世界的不況は底が知れないが、兎も角「春」
もうひと月もすれば「初夏」のよそおいが待っている。きっと叉、よい季節が訪れる事を信じて・・・

蛇足・・・・北の国が「人工衛星のテスト」と称してミサイルだかロケットだかの打ち上げ実験をほのめかして、世界が右往左往している。
何せ一番近い国、日本政府は過剰かも知れぬほどに反応しているが、莫大な予算を費やしている「国土防衛」は果たして本当に大丈夫なのか?と思えるような事件が今日あった。

何にしても「緊急配備」された地対空ミサイルやイージス艦が使用されるような事態にだけはならないことを祈りしかない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
桜月夜 夢鏡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる