夢鏡

アクセスカウンタ

zoom RSS さだまさし「35周年記念コンサート」千秋楽 12月4日 於・NHKホール第一部

<<   作成日時 : 2008/12/06 21:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

去る12月4日、NHKホールで行われた、さだまさしさんの「35周年記念コンサート」千秋楽に行ってきました。

画像
寒空の上空は半月、銀杏並木にも落ち葉が降り積もっておりました。

画像
NHK放送センター本棟
画像
NHKホール裏側
画像
NHKホール正面玄関を横から
画像


千秋楽とあっって、会場は早くからファンでいっぱい。
ロビーには花輪が沢山届いておりました。
主なものは「中西敬三さん」「BEGIN」「THE.ALFEE」「フジテレビ音組」「NHK/SONGS」「テレビステーション」「ユニバーサルミュージック」などなど・・・

客席も超満員・・・開演前から楽日の緊張感に包まれていました。

第一部開演・・・18:05

今回のオーバーチャーと言うべき〜唐八景・序〜が流れ出し、やがてバックメンバーの演奏が聴こえてきて、それが次第に大きくなり、それに逆行するように唐八景のメロディがフェイドアウト・・・
やがてバックの演奏が一曲目「長崎小夜曲」だと判る頃、緞帳が上がり、ステージはライトに明るく照らし出される。

そしてピンクのジャケットに身を包んださださんが軽やかに登場!!
と、その後ろにスタッフの姿が・・・思わず振り向くさださんにマイクを渡すスタッフ・・・マイクを持って出るのを忘れたさださんでした。

曲つなぎで「絵はがき坂」へ・・・

そして挨拶・・・「6月から始りました35周年コンサートの、今日はもう千秋楽。結びの一番です!!」

「指定券」「最終案内」「フェリー埠頭」

トーク・・・「先日、大阪フェス会館50周年でコンサートをやりました。その時、僕のフェス最初のコンサートの時と同じメニューでコンサートをやったらとても好評だった。
その時判ったのね。{僕のファンはあの頃の曲がとても好きなんだ}
で、35周年記念。{そんな5年ごとに記念コンサートなんていいんじゃないの?}って行ったらマネージャーの広田が{40周年が必ず来るとは限らないんだから、やれるうちにやっときましょ}って言うんでね。(まっそりゃそうだよな〜)と思いまして、それであのフェスで70年代、私がまだ20代ですよ。それでウケタので、じゃあこれでツアーも行ってみようと思いましてね。
この間コンサートを聴きに来た同級生曰く{お前のあの頃の曲っていいなあ〜。凄く良いよ別れの陸海空}って自衛隊じゃないんだから・・本当にね当時は悲惨3部作って言われました。」

このあと、空港の別れ、列車のホームでの別れ、船で港での別れの話から世の中が便利になったという話し、そして携帯電話の話。
「世の中は便利になったけれど、便利になったから幸せになったとは限らない。むしろそれに縛られたり・・・そして人と人との体温が失われていく」「まだまだ日本には頑張っている人、素敵な生き方をしている人が大勢居る」「人間力」と言うお話になりました。

「殺風景」「春雷」

「殺風景」でのエンディングの「ランラ〜ラランラン」のリフレインが中々終わらず最後はさださんが「いつまでやってるんだ!!」って終わったのですが、実はこれ、石川さんを嵌める為にさださんとメンバーが考えたサプライズだったようで、私は2階席だったので良く判らなかったのですが、石川さん、リフレインが終わらないので相当うろたえておられたようです。

トークでそれをネタバラししたさださん。「今日は千秋楽ですからね〜。随所にサプライズがあります。今石川さんだけが知らないで、{なんで終わらないんだって}・・・」

メンバー紹介・・・「彼はね。グレープ時代、「三年坂」の中野サンプラザのコンサートから、もう僕の背中を支えてくれていました。スーパーベース・岡沢章」
「後ろの島村さんは僕と同じ国学院高校の先輩であります。そんなに年は変わらない。僕が1年の時島村さんは3年。一年間は同じ時間を過ごしてるんですね。残念ながら彼は落研ではなくバスケット部でした。スーパードラム・島村英二」
「彼は、「赤い鳥」のギタリストとして同じ事務所に入ってきました。僕のソロになってからのアルバムには必ずといって良いほど手伝ってくれてます。近頃彼の22枚目のソロアルバムがリリースされました。ギター・松原正樹」
「他のメンバーは・・・」といって宅間さんの方を振り向き「まっどうでもいいんですけど」宅間さん大きくこけて、「春雷」で叩いてたグランカスター(大太鼓ね)に頭をぶつけ、そのまま倒れる。島村さんは笑いこけ、さださんはちょっとびっくりしたようだけど宅間さんが笑いながら立ち上がったので「お前、叉凄くこけたね〜」とさださん。
「スーパーマリンバ・宅間久喜」
「彼は、あ〜見えて、実はとても素晴らしいミュージシャンであります。彼の凄さは後でじっくり見てもらえる場面がありますのでお楽しみに・・・パーカッションキムチ、木村誠」
「僕の隣、音楽界の「重要無形文化財」ギター・石川鷹彦」
「今回はね木管の二人に入ってもらって、贅沢でしょ。このオーボエと言う楽器はオーケストラがチューニングする際ピアノなどが入っていない時に基準になる楽器であります。」とここでチューニングの様子をメンバーで再現。
ところがパーカッションのキムチ氏何を考えたのか頭にねじり鉢巻で、パーカッションに使ってる台に釘を打つ真似をし「トントン」と・・・さださんそれを見て「何時の間にそんな用意したの?まったく・・・(客席に)あの〜彼の見せ場って此処じゃありませんからね!!」
「オーボエ・庄治さとし」
「お隣のボブさんはボストン生まれで、彼のレッドソックスの本拠地のスタジアムで親に置き去りにされてしまったという悲しい経験があるとか。彼はね〜優しくてまじめで、メンバーが呑みに出かけても彼はあまり表に出ない。何でこう違うのかな〜と思ったら目の色が違ってた。」
「サックス・ボブ・ザング」
「彼はね。森山直太郎君の「さくら」でピアノを弾いてる後姿を御覧になった方も多いんじゃないか、と思います。ピアノ・倉田信雄」

「このように、日本でも最高峰の、素晴らしいミュージシャンと日本中を廻ったこのコンサートも今日で終わりかと思うとね〜。 え〜、これから一曲やって、15分ほど休憩を取ります。お互いに年だからね。」
「一部の最後は・・・フレディもしくは三教街」

「フレディもしくは三教街」

〜一部・幕〜19:05〜

此処でとりあえず、一旦〆ますね。一部の様子はざっとこんな感じでした。
トークの内容はおぼえてる限りのことを書きましたが、多少前回の時と記憶がダブっているので完全再現とは行きかねます。あしからず。

でも、大体のニュアンスはこんな感じでした。
二部は叉後で書きます。ちょっと長くなったので・・・では、後半をご期待ください(って言っても後半のほう実はちょっと曖昧です。)・・・つづく

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
長いレポートありがとうございます。
私も3階席から参加させていただきました。
本当に楽しい一夜でしたね。大満足でした。
さださんもメンバーの皆さんも大ノリの雰囲気が伝わってきました。
メンバー紹介の時に(次は宅間さんの番だなと)早めに見ていたら、わざわざコケるために口にお水を含んで待ってましたね。大笑いしました。2部の楽しいハプニングの様子も楽しみにしています。お疲れ様でした。
案山子好き
2008/12/06 22:13
こんばんは。
一部のレポート、楽しく拝見しました。
ありがとうございます。
私も2階席で聴きました。
「殺風景」のエンディングでは、どこまで上がっていくのかしらと可笑しくてたまりませんでしたが、最後のさださんの言葉で大爆笑してしまいました。
懐かしい曲も沢山聴けて、本当に楽しいひとときでした。
二部のレポートも楽しみにしています。
笑顔同封
2008/12/06 23:51
まずは一部のレポート(笑)
ありがとうございます

詳しく書かれてるから、その場で聴いてる感覚になれました^^
やはり千秋楽は「特別」なものがありますね。
スケジュールと予算の都合が合えば(笑)行きたかったなぁ。。。
ぞろめ
2008/12/07 09:33
千秋楽の盛り上がりが伝わってきて、私もその場に居たような錯覚に陥ってしまうほどです。
いつもの事ながら、詳細レポありがとうございます。
第二部も楽しみにお待ちしてします。
向日葵
2008/12/07 16:06
案山子好きさん、いらっしゃい、コメント有り難うございます。
本当に素敵な一夜でしたね〜
「終わるのがもったいない」何処かで言ったさださんの言葉が胸に沁みます。
今回の千秋楽は、叉格別でした。
羽柴小一郎
2008/12/07 17:57
笑顔同封さん、いらっしゃい、コメント有り難うございます。

笑顔同封さんの2階席にいらしたんですか。
私も今回2階席でしたが、NHKホールの2階席って結構見やすかったですね。
「殺風景」何故に終わらないんだ?と私も最初不思議でした。
何気にサプライズがありましたね〜。
青春時代を共に過ごした曲たちには皆さん何かしら思い出やエピソードがありますよね。
今回はそんな曲ばかりだったような気がします。
2部のレポ間もなくアップしますね。
羽柴小一郎
2008/12/07 18:02
ぞろめさんいらっしゃい、コメント有り難うございます。
楽しんでいただけましたならば、何よりです。
さださんの話し口調や話癖は結構覚えているので、臨場感はあるかな〜、思ってます。
昔後輩に、「先輩の話し方って、段々さださんに似てきてるよね〜」と言われた事があります。特に意識はしてないのですが、いつの間にか似てきてしまったようで・・・
2部のレポもお楽しみに!!
羽柴小一郎
2008/12/07 18:05
向日葵さん、いらっしゃい。コメント有り難うございます。
NHKホールの雰囲気は伝わったでしょうか?
素晴らしいメンバーとさださんの織り成すアンサンブルは本当に素敵なものでした。
また、このメンバーでってのは難しいですかね〜。みなさん売れっこばかりだから・・・

2部もお楽しみに!!
羽柴小一郎
2008/12/07 18:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
さだまさし「35周年記念コンサート」千秋楽 12月4日 於・NHKホール第一部 夢鏡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる