夢鏡

アクセスカウンタ

zoom RSS クイズ番組

<<   作成日時 : 2008/10/13 22:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

最近、テレビのクイズ番組を良く見ている。

特にお勧めはテレビ朝日「Q様、プレッシャースタディ」、「雑学王決定戦」、「クイズ、ガリベン」
フジテレビ「日本の常識」である。

「ヘキサゴン」に関しては、当初良く見ていたが、最近はバラエティ色が強くなり過ぎの感がある。
好感が持てたのは今年の日テレ「高校生クイズ」今まで年を追う毎にゲーム形式の傾向が強かったが、今年は全うなクイズ番組に戻っていた。

正統派、と言えば「アタックチャンス!!」で御馴染みの「アタック25」。今では唯一の視聴者参加形式のクイズ番組だ。他の番組も半分くらいは視聴者も入れてタレントさんとの対戦形式などにすると面白い、と思うのだが・・・

で、こう言うクイズ番組を見るにつけ思うのは、「さださんのファンで良かった〜」と言う事だ。

どう言う事か?と言えば、私は(大概の方もそうだと思うが)クイズの設問を自分も考え、解答しながら見ている。
通常の常識範囲の(例えば、中、高を普通に卒業していれば)判る問題なら80〜90%は解ける。

「さださんのファンで良かった」と思うのは、少し難易度が上がった問題の時だ。

ファンのみなさんならご承知のように、さださんの楽曲や小説、エッセイなどにはそのタイトルや詩の中に難しい漢字や普段は余り使わない漢字が多用されている。しかもライナーノーツや作品解説にはその漢字や言葉の意味や原典も記されているから、それを自分で辞書などで辿ればもっと深い意味もわかったりする。

良くクイズ番組で出題される「薔薇」や「案山子」「胡桃」「棚田」「金糸雀」「紫陽花」「女郎花」「檸檬」などはさださんファンなら一発でわかるよね。

それとさださんの歌には日本史的要素や古典から引用されたものが多い。
「まほろば」「飛梅」「都府楼」「防人の詩」「空蝉」など・・・

「飛梅」の舞台、太宰府天満宮の祭神、天満天神が「菅原道真」だと言うのは知っていたが、道真の人物像はこの歌を知ってから興味を持って色々な本を読んだから判った訳で、

そう言えばさださんがラジオ番組でやっていた「新源平記」で木曽義仲の存在を知ったし、「三国志英雄伝」を聴いてから陳瞬臣さんの「三国志」や原典、陳寿の「三国志」日本語訳本を読んだし、まあ、本来歴史好きだった私が日本史や中国史の書かれた小説をのめりこむように読むに至ったのはまさに「さださん」のお蔭で、クイズ番組に出題される程度の「歴史」ならかなりの確立で正解出来るようになった。

叉、さださんの楽曲や作品、番組で語られる話などには「日本文学」の素養が多く、文学作品や作者、或いはことわざとその意味などもわかる。
読んではいなくとも「檸檬」が梶井基次郎の作品である事は判るし、太宰治や宮沢賢治なら幾つかその作品も読んだ。司馬遼太郎作品は戦国ものなら殆んど読んだしね。

ただ、「つゆのあとさき」や「雁」などに代表される所謂純文学は「つゆのあとさき」を途中まで読んで挫折し、それ以降かなり苦手な分野になってしまった。高校2年生の頃・・・

で、何を言いたいかといえば、もし、クイズ番組に出たいとか、漢字検定や歴史検定を受けたいと思ったら、先ずはさださんの歌を聴いたり、ライナーノートや作品を読まれることをお勧めしたい。(あくまでもそのジャンルの玄関口として、ですよ。それで何らかのジャンル{例えば私のように歴史とかね}に興味を持ったら今度は自分で色々な文献や作品を読んでいく、とか、方法はきっと100通りもあるからね)

あ〜、あと、さださんは地元長崎を初めとする各地方の土着文化とか風習にも詳しいよね。
「精霊流し」「蛍祭り」「御柱祭」などなど・・・

但し、理科系や数学系はどうかな?と言う感じですね。

今日、先ほどまで「Qさま」を見ていた。・・・後クイズ番組に出場したいなら「時事問題」は知っておくべきだろうね。
まあ、これは「大人」として、今、国内外で何が起こっているか位はね。
偉そうに言えた義理ではないけれど、先ずは「新聞」をよく読むことだね。まあ私も「ラテ欄」と「スポーツ欄」「地元版」くらいしかよく読まないんだけど・・・時折、社会面くらいはじっくり読むことも在るけど・・・

どうも「政治・経済」は苦手です。(其処が大事だろ!!ってね〜言われるだろうけど・・・)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
クイズ番組 夢鏡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる