夢鏡

アクセスカウンタ

zoom RSS 鬼平犯科帳

<<   作成日時 : 2008/10/18 22:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

昨晩、フジテレビ「鬼平犯科帳」を見た。

ご存知、池波正太郎原作の、痛快捕り物時代劇ドラマ。

何時見ても中村吉衛門さんの「鬼平」は素晴らしい。
威厳と貫禄と人情を併せ持ち、粋でお洒落で、それでいて闇稼業の人間から「鬼」と恐れられる火付け盗賊改め方頭取、長谷川平蔵。

もう吉衛門さん、かっこ良すぎ!!それと甥っ子にあたる市川染五郎さんとの共演もあり、中々の見ごたえであった。

しかし平蔵配下の「民間人」の多いこと。まあ、民間人といっても皆様、前職は「裏稼業」の人々なんですけど・・・
この配下の人々を演じる俳優陣が叉凄いね。

最長老の長門裕之さん、蟹江敬三さん、三浦浩一さん、綿引勝彦さん、梶芽衣子さん、など一癖もふた癖もある名バイプレイヤーばかりだ。
特に今回は梶芽衣子さん演じる「おまさ」に焦点が当てられた回だった。

火盗改方の正職員(と言うか、正隊員?)も勝野洋志さん、沼田漠さん、尾身としのりさんなど、此方も癖のある役者さんが揃っている。

同じ時代劇でも、最近の「水戸黄門」が割りとライトティストなので、大河ドラマ以外中々こう言う重厚な時代劇が少ない。

まあ毎週レギュラーで見るとちょっと重たいかも知れないけど、年に2〜3回くらいは放送して欲しいドラマだ。

ちなみに「長谷川平蔵」は、江戸時代後期、10代将軍家治〜11代将軍家斉に仕えた実在の旗本、実際に「火付盗賊改方」{今で言う警視庁捜査一課強行班若しくは機動隊?)も勤め、世情に通じ、人情に厚く民衆からは慕われたが、逆にその仕事の仕方から同僚の旗本や幕閣からはあまり良く思われてなかったらしい。老中田沼意次に可愛がられた事で田沼失脚後に老中首座になった松平定信からは大分嫌われたようだ。

さて、ここでクイズ番組の定番問題。

以下のテレビ時代劇で主人公が実在していない人はどれ?

   A 「水戸黄門」
   B 「銭形平次」
   C 「暴れん坊将軍」
D 「遠山の欽さん」

さて、お解かりになりましたか?

昔、母が良く見ていた番組で里見浩太郎さんが熱演されていた「長七郎江戸日記」の主人公、松平長七郎長頼。
家光と三代将軍の座を争った。と言われる家光の実弟、駿河大納言忠長の隠し子と言う設定ですが、現実に家光の治世、そう名乗った人物がいるそうで、まるで後の「天一坊事件」のような話があったんですね。
この人物が本当に忠長の御曹司だったのか?真偽のほどは不明と言う事です。これぞ歴史ミステリー。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
鬼平は一昨年に読み始めてハマりました.
吉衛門さんの平蔵役はすごいですよね.池波さん自身が舞台の台本を書く時に吉衛門さんを考えていたという話があるくらいですから.
TVはスカパーでシリーズ物が結構再放送されています.
作品の中では平蔵と老中田沼の関係は出てきませんが,別作品の剣客商売では佐々木三冬が田沼の妾腹の娘ということででていますね.

問題の答えは平次です.神田明神に碑があるということですが,まだ行ったことがありません.

みつ
2008/10/23 14:30
みつさん、大正解です。
「銭形平次」は野村湖堂原作の小説の主人公。
初出は昭和6年「文芸春秋オール読物創刊号」だそうで、意外と新しい作品なのですね〜。
「寛永通宝」を雨あられの如く投げている平次親分、あの銭は後で回収するのでしょうかね〜?

「鬼平」こと長谷川平蔵が「火盗改方頭」に就任したのが42歳だったそうで、吉衛門さんはご自分がその歳になるまで「鬼平」役を待ったそうですね。
さださんも絶賛の吉衛門鬼平は本当、はまり役ですね。
「剣客商売」ですか〜、ドラマでの田沼意次は一般に知られている「賄賂政治家」とはちょっと違うイメージですよね。秋山小兵衛役の藤田まことさんが良い味出してます。

時代劇、お好きですか?
羽柴小一郎
2008/10/23 21:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
鬼平犯科帳 夢鏡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる