夢鏡

アクセスカウンタ

zoom RSS 風に吹かれて 〜Blowin the Wind〜

<<   作成日時 : 2008/09/28 01:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

我が国のリーダーが新しく決まり、新内閣が発足した。・・・と、言うのに、もう辞任なさる大臣が出てこようとは・・・
ご自身の不用意な発言が原因らしいが、何故こうも我が国の政治家諸氏や政府要人は「問題発言」が多いのだろう。・・・確か新総理も総理に就任される前に「問題発言」があったようだが・・・まあ、支持率が低い訳だね。

大体、初めに「衆院解散、総選挙」を年内に実施する事がほぼ既成事実となっている「新内閣」ってのが、そもそも国民をナメてないか?それならば前任の総理のときに即時解散、総選挙を実施した方がすっきりした筈で、短期間に幾度も閣僚が変わったり、総理が変わったりでは国内外に悪影響が出るばかりである。

そんな中、小泉元首相が、次回の衆院総選挙には出馬せず、政界引退を表明された。
政治家の出処進退は「個人」の思惑で決められるものではないのだろうが、あえてこの時期に表明されたのには何かしら意味のあるものなのだろう。

前々から思ってはいたのだが、総理大臣まで登り詰めた方はその任期が終了した時、若しくは自らその職を辞した時は議員としても辞職するのが筋ではないか?と考える。(特に前任の方のような場合はそうあって欲しいと思う。)総理大臣まで登り詰めたら、議席に執着しないで欲しい。後身を育てる、と言う意味でもね。

だから、小泉さんの引退表明は「潔い」と考える。もっとも後継者は氏の御次男だそうで、「あっやはり2世は3世を生むんですね。」と、言う訳なのだが・・・政界も芸能界も2世、3世の時代だね。これじゃ「封建時代」「幕藩体制」とそう変わらないんじゃね、と思うのは私だけかしら・・・

引退、と言えば・・・「福岡ソフトバンク・ホークス」の「王 貞治監督」が今季限りでの退任を表明された。
「健康上の理由」が大きいようだ。
でも、王監督には本当に「お疲れ様」を贈りたいね。
「ダイエーホークス」から14年、2度の日本一、WBC優勝・・・強いチームを作り上げた。

球界筋では来年のWBCでの日本代表監督に王さんを推す声が日増しに高くなっているようで、王さん自身も「要請があるなら日本球界のために尽くす」と公言されておられるが、此処は暫く我慢して、兎も角、お体をゆっくり休ませて貰いたい。

プロ野球界も、何時までも「O,N,H」に頼ってばかりではなく、もう少し若い世代を登用しても良いんじゃないだろうか・・・例えば・・・古田敦也氏とかね。

清原、桑田も引退、来年の球界は新旧交代が更に進みそうだ。

が、政界には「再編」や「大合同」が起きるのか!?

「答えは吹く風の中にある」・・・・果たして「明日の日本」の答えはどんな風の中にあるのだろうか・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
風に吹かれて 〜Blowin the Wind〜 夢鏡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる