夢鏡

アクセスカウンタ

zoom RSS ソロモン流〜さだまさし編〜

<<   作成日時 : 2008/08/26 22:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

8月24日、テレビ東京「ソロモン流」

さだまさしさんの「35周年記念」における密着取材・・・

この番組で、ずっとシークレットだったさださんの「35周年記念企画」の内の幾つかが少しだけ、明らかになった。

先ずは「さだまさしトリビュート/こころのうた」・・・あ〜この方は先ず入るよな〜と言う方から、えっ!?あのグループが?と言うグループまで、各ジャンルから、と言うかジャンルを超えて様々な方が参加しているようだ。
いまだシークレットの方は一体?・・・

番組は現在進行中の「35周年記念コンサート」初日の三郷市文化会館の楽屋まで密着・・・
ゲネプロ、初日、オープニング、トークの一部・・と「オイオイ、ネタバレだよ!!」と、突込みを入れたくなるほどの映像。

そしてさださん所有の「詩島」・・・釣りをするさださん、仲間との楽しい一時、「詩島」の美しい風景。

そして、さださんのトークの原点とも言うべき、国学院高落語研究会OBによる会。
さださんも、着物に着替え、一席・・・これがまたはまってるんだよね〜。どう見ても素人芸じゃない。
「歌手」になってなけりゃ、今頃は絶対「高座」に上がって真打になってる。
(そのときはやはり立川流かな?林屋って言うのもありか・・・先日{オーラの泉}に正蔵師匠が出てたんだけど、お父上の故、三平師匠のVTRが流れた時、丁度{枕話」をやってる頃、遅れて来たお客さんに対し三平師匠が「あら、いらっしゃい。そろそろ来る頃だと思ってたのよ〜。これからいいところだからね。」と言ったのを見て、{さださんも良くこうやってお客さんいじってるよな〜、そっくりだな〜}と、思ったもので・・・)

さださんのレコーディング風景は、なんと!!今も死して尚、日本歌謡界に燦然と輝くトップアーティスト、歌謡界の女王こと「美空ひばりさん」をさださんがトリビュートするアルバムを製作中、との事。
一アーティストが美空さんの楽曲をフルアルバムにすることを唯一、初めてさださんが許されたそうである。

『さださんと美空さん、一見殆んど接点なんて見あたらない。
でも、よく考えてみれば、「関白宣言」のヒットの後、さださんが「紅白」に選ばれた時、「フルコーラス唄えなければ出ない」と言った事でちょっとした物議をかもし出した。さださんにしてみれば、せっかくの楽曲をテレビサイズ「一人3分」と言う制約の中で表現しなければならない不条理とそれに対し不満を言わない歌手サイドに、あえて投げかけた問題提起だったんだろうけど、殆んどの歌手はそれに従い、それが不満な人たちは「出演拒否」と言う手段を使った。さださんはこの問題に真っ向から対抗した時代の先駆者だった。

その時「あら、この詩は何処も切れないわね」と言った美空さんの一言が決定打となり、「関白宣言」はイントロと中間奏とエンディングを省略することでフルコーラス唄う事が出来た。
その後はなるべくフルコーラスに近い形で歌手みんなが歌えるようになった。と、さださんがある著書に書いていたっけ。
美空さんは「関白宣言」をどのように感じていたのだろうか?聴いてみたかったな〜。

後にレコード大賞に美空さんの功績を後世に伝えるべく「美空ひばり選奨」が制定され、その第一回受賞者がさださんだった。・・・そうか、しっかり美空さんとの接点はあったんだ。』

『〜』の文は「ソロモン流」とは関係ありません。あくまで私の中でのさださんと美空さんの接点について書いたまでです。

果たしてさださんは、美空ひばりさんのどの楽曲を選んで唄ったのだろう。楽しみだな。

そして密着取材は、新しい小説を執筆中で、ロケハンをしているさださんを追い駆ける。
次回小説も「命について・・・」さださんの普遍のテーマだ。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
昨日の宇都宮でのコンサートで
トリビュートアルバムの詳細に触れていました

しばらくツアーお休みしてましたから、この話は宇都宮がお初だったのかな?

元気を沢山頂いてきました

いつもより更に豪華な音の編成にやられました
至福の3時間ですたよ^^

岡沢さんのお元気な姿を拝見できたのも嬉しかったです♪


ぞろめ
2008/08/28 17:15
ぞろめさん、いらっしゃい。コメント有り難うございます。
昨日宇都宮でコンサートだったんですね。
岡沢さん無事復帰されましたか・・・それは良かった。ホッとしました。
素敵なコンサートだったでしょう?

トリビュートの詳細ですか・・・どんな内容だったんだろう聴きたいなあ・・・

初日のトークでは「最近は若手の歌手の方が僕のあの歌が唄いたいとか、○○さんがこの歌を唄いたいとか言ってくれるんですよ」って仰っていたので、今から考えればそれがヒントだったのかな?と思いますが、その時名前の上がった方の中にまだ発表されてない方がいるので、果たしてその方も参加されているのかどうか・・・

まっもう直ぐ会報が来るでしょうから「詳細」も明らかになるのでしょうね。
羽柴小一郎
2008/08/28 20:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
ソロモン流〜さだまさし編〜 夢鏡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる