夢鏡

アクセスカウンタ

zoom RSS 液晶テレビ

<<   作成日時 : 2008/06/04 22:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

液晶デジタルテレビが、遂に我が家にもやってきた。

今まで使っていたテレビ、NE○がまだ一般家電品を製造してた頃のテレビだからかなり古い。
そう、そのテレビが我が家に来てから16年、彼は一日も休む事無く、我が一家の要求に答え、様々な映像を受信しブラウン管に映し出してくれた。

ジャイアンツ長嶋監督での2度の優勝と原監督就任の年の優勝、「ドーハの悲劇」以来、日本代表を応援し続けたフランス、日韓、ドイツ、のワールドカップサッカー。
有森選手が銀メダルを取り、Qちゃんが金メダルを取った各オリンピックのマラソン、オープニングセレモニーの欽ちゃんと「日の丸飛行隊」感動のジャンプの長野冬季五輪。
そしてどうしても行けなかったさださんの「夏、長崎から」、毎年常連となった紅白は欠かさずビデオに収めた。

そのテレビも長年の過労からか此処一年くらいはチョコチョコお休みしたり、急にストライキを起こしたり・・・それでもなんとかだましだまし、時には優しく時には叱咤激励しながら、何とか持ちこたえてくれるよう願い、その期待にテレビも応えてくれていたのだが、とうとう6月1日の朝、力尽きたようだった。

2011年7月・・・地上波全面デジタル方式移行。出来るだけそれに近くまで、と思ってきたが、メイン基盤やブラウン管などが壊れるともう修理に出しても「修理代も高いし、もう長持ちせんよ」と言う電気屋さんの話で、買い替えを決めた。ちょっと早い「デジタル化」だった。

購入したのは32型・・・今までのテレビが標準29型だったので、なるべく違和感の少ない大きさ、と言う事で決めた。
我が家のある地区は10年ほど前、近くに超高層マンションが建設されたのを機に、「電波妨害、受信障害」を防ぐ意味で地元ケーブル局の協力で、アンテナ受信からケーブル方式に全戸移行したので「デジタル化」も新しい機器やアンテナを設置する必要が無く、テレビをケーブルに繋ぐだけで設置は完了。
テレビそのものの初期設定も配達兼設置の業者さんが、来て30分くらいで全部やってくれたので、私は設置前準備と設置後の後片付けをやるだけで済んだ。

なんでもそうなのだが、「新しいもの」はやはり良い。
まあ、パソコンで使ってる15インチモニターは「液晶」だから慣れているはずなんだけど、やはり大画面でのカラー液晶映像はとても綺麗だ。
叉、色々と多機能なので、果たして何処まで使いこなせるか判らないが、当分はこれで遊べそうだ。

これからこの「液晶デジタルテレビ」が、私たちにどんな世界、どんな映像を見せてくれるのか・・・
先ずはさださん出演のミュージックフェア、夏には「北京オリンピック」、そしてサッカーはワールドカップ予選から来年の本戦。プロ野球にメジャーリーグ。と・・・楽しみは続く。

今までのテレビは業者さんが引き取って行かれた。
本当に今までご苦労様・・・きっと君が一番多く見せてくれたのは、父と母がよく見ていた再放送の「水戸黄門」様と、私が夜中にコソコソ見ていた「さだまさし」さんのビデオ映像だった。と、思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
液晶テレビ 夢鏡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる