夢鏡

アクセスカウンタ

zoom RSS 「開花宣言」

<<   作成日時 : 2008/03/23 16:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日、3月22日、気象庁より東京での「桜」の開花宣言があった。
平均年より6日早く、昨年よりは2日遅い、との事である。

東京都の開花標準観測木は靖国神社に或る桜で、その木の枝に5〜6輪花びらが開いているのを観測すると「開花」、となるそうだ。

つまり「満開」となるにはあと、数日〜一週間くらいは掛かる。
小、中、高の入学式頃には「満開」の桜が一斉に散り始め、桜吹雪の中の入学式、となるのだろう。

さださんの「3000回記念コンサート」の時は3月21日だと言うのに既に満開を迎えていた桜、確かにさださんを祝うが如くに咲き誇っていたが、やはり「温暖化」のなせる業か・・・

私が子供だった頃は入学式頃に丁度「満開」を迎えるという感じだったし、私の高校入学式の時は桜は五分咲きくらいのとても寒い日で、式が終わって帰宅の途につくときには少しばかり季節はずれの「雪」まで降り出す始末。まっ今となっては懐かしい思い出だが、帰りに父親と食べた一杯のうどんが温かかったっけ。

「桜」と言えばその散り際の美しさ、潔さから「武士道精神」の象徴、と言われるが、実際のところ、戦国時代までは「武士」の象徴としての「木」はその強さから「松」だったそうで、「どれ程の強い風雨にも耐える姿」と「どんな逆境にも耐える意志の強さ」をダブらせていた。
徳川幕府によって天下泰平の時代になり、「武士」は幕藩体制の中で「官僚化」していき、「戦場で華々しく散る」と言う武士の本懐を懐かしむ気風が生まれ、其処から「桜」の散り際のよさを「武士道精神」とする考えが生まれた。(たぶん、さださんが何かでそう書かれていたのの受け売り。或いは司馬遼太郎さん辺りも同じような事を書かれていたかも・・・)

まあ、そんな理屈はどうあれ、「桜」の儚いピンク色の花の美しさと、散りゆく花々の吹雪となって風に舞う様は、普段殆んど「花」など愛でる事の無い、無粋な私などでも「あ〜、綺麗だな〜」などと思わしてしまうのだから、素晴らしい。

今日の時点で、我が家の近所の「桜」はまだ咲いている様子は無く、ご近所さんの「桃」の花が我が世の「春」を謳歌する如く咲き誇っている。

日中はとても暖かくなってきたが、朝晩はまだまだ冷え込む。みなさんお風邪には要注意!!、


ちょっとしたお知らせ・・・1月の「まさしんぐワールド」会報」、○ま虫発見のコーナーで私の投稿が採用されたが、その中で私が紹介した人気女性声優でラジオパーソナリティの「浅野真澄」さんがこの度「中孝介」さんのニューシングル「春」の作詞を担当された。
昨日、彼女が担当しているラジオ番組で始めてその曲を聴いたがとても良い曲である。
以前から浅野さんのラジオは良く聴いているが、2年程前には「エッセイ」を発表され、昨年は「絵本」で出版社の賞も受賞され、また、声優界の「アカデミー賞」とも言える「声優アワード」で「ベストパーソナリティ賞」も受賞している。そして今回の作詞・・・
ラジオなどのメディアでは多少(と言うかかなり)過激なコメントや仲間の声優さんいじりで有名ではあるが、今後の多方面での活躍が期待される声優さんである。

興味を持たれた方はご自身で調べてみてね。私と同年代の方々ならお子様方、特にアニメ、ゲーム等に詳しいお子さんならたぶん良くご存知かと・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「開花宣言」 夢鏡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる