夢鏡

アクセスカウンタ

zoom RSS 「桜咲いてもさだまさし」

<<   作成日時 : 2008/03/30 16:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

昨日のNHK「桜咲いてもさだまさし」を見た。
2時間放送に慣れてしまうと90分放送はあっという間だった。

今回はNHK放送会館の駐車場?みたいな所からいきなりさださんの弾き語りでスタート。
少しばかり花冷えの深夜、ストリートミュージシャン宜しくギターをかき鳴らすさださん、お寒かったでしょうに・・・

唄い終わった後「お騒がせしました」とどこかに向かって一礼、{あれは桜の木に向かってしたのかな?}

その後スタジオに向かいながら葉書を読むさださん、スタジオには観覧募集で選ばれたお客様方がスタンバイ、しかし土曜の深夜、関東ならまだしも遠くの地方からよくぞ!!と思う。
最早「大阪」は近いほうなんだね。

葉書も全国津々浦々、と言うか世界中から・・・本当にさださんファンは世界に居るね〜。

お葉書は季節柄、お子さんの受験の事、学生時代の思い出、などが多かったようだ。
と言う私も学生時代のことを書いて送ったが、叉も不採用だった。
なんと言っても深夜帯の番組にかかわらず700枚以上の葉書が送られてくるんだから、その中で採用されるのは1割にも満たないし、やはり選ばれているのは素晴らしい内容や考えさせられるものが多いのだからしょうがないよね。

特に今回は前回のものを受けて「交通機関の車中でのマナー、等」についての内容が多かったようだ。

お葉書にもあったような内容で、ちょっとした事件の記事が新聞に出ていた。
「バスの中で携帯の使用を注意された中年男性が、注意したご老人の男性に対し暴行をはたらき怪我を負わせたが、乗り合わせた乗客は誰ひとり間に入ろうとせず、バスの運転士さんが警察までバスを走らせ、警察へ駆け込み、その中年男性は暴行の現行犯で逮捕された。」と言う記事。

さださんも「注意する側も注意の仕方が難しい」と言われていたが本件も「注意をした方が周囲に聴こえるほど大きな声で「うるさい!!」と怒鳴った事に対し容疑者がキレタ」のが発端らしい・・・まあ、それにしても車内アナウンスでは携帯の使用については注意を促しているし、やはりマナーとして公共交通機関での使用は控えるべき、だと私は思うのだが・・・

桑田選手の事やスワローズの事などのお話しも出て、「ラジオ深夜便」まで飛び入り参加

最後は、次は5月11日、と次回放送予定も宣伝され、締めはやはりさださんの生唄
考えさせられる分も色々合ったりのあっという間の1時間半だった。

その前に夕方の「ミュージックフェア」・・・とうとう今回は一度もビデオに取れなかった2200回放送記念番組・・・昨日は今までの区切り回数スペシャル総集編。

以前、さださん、堀内孝雄さん、五輪まゆみさん、アルフィが共演した記念番組のエンディングでビートルズの「LOVE,LOVE,LOVE」のシーンが流れた。
さださんのステージトークで御馴染み「堀内孝雄カンビターン事件」のあれである。
あのあとステージトークでネタにされたのを知った堀内さん本人に凄く怒られた、と言って居たさださんだが、昨日もそのシーンのあと恵さん相手に事の顛末を話されていた。

その後も懐かしいシーンが流れたが、ミュージックフェアの記念番組の殆んどにさださんは出演しておらるね〜。色々なアーティストとの共演シーンや御馴染みフォーク御三家、加山さん、森山さんなど・・・まるでさださんのためのミュージックフェアの記念番組、と言った趣だった。

まあ、これからも、このNHKの「夜にやってるあれ」とフジの「ミュージックフェア」はずっと出演していただきたい、と切に願います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
<バス暴行死

「他人の迷惑行為を止めようとしたらどうなるか」っていう「典型例」が、まさに目の前に転がってたから、乗客は凍りついちゃったんでしょうね。

(まして逃げ場の無いバスの中、「安全な場所に隠れて通報」なんて容易に出来ない訳で。)

…ていうか、「注意して刺されて死ぬ」「注意して殴られて死ぬ」、そんな事が今まで何度も起きてるのに、他人に注意して凹られる人を見て、「この人達、危機意識とか、学習能力って物は無いのかな」…って思いました、正直。

なんだかんだで、今の世の中は「力無き正義は無力なり、正義無き力は暴力なり」が現実な訳で…。

他人の迷惑行為を止めるのなら、最低でも、特殊警棒なり、催涙スプレーなり、安全靴なりで武装しなきゃ駄目なんじゃないか…と思う自分がいます。

…。
……。
………。

自分は、外出の際、「特殊警棒」「催涙スプレー」「安全靴(爪先が鉄鋼)」「IDカード入りホイッスル」「コルク入りホイッスル」を肌身離さず持って出てますが…。

それでも、今回みたいな光景が目の前で起きてたら、止められたかどうか…。
都筑てんが
2008/04/05 08:49
都筑さん、始めまして、コメント有り難うございます。

バスに限らず公共の場所でのマナーの悪さには本当に困ります。
しかし、やはり注意できないで只うろたえるばかりの自分が居ます。

都筑さんの装備は凄いですね。でも、そうでもしないと自分の身の安全を確保できないほど、「安全保障」「世界で一番安全な国」と言われた事が空虚なものなってしまったのでしょうか?

詰まる所「正義とは何ぞや」と言う事でしょう。
羽柴小一郎
2008/04/05 23:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
「桜咲いてもさだまさし」 夢鏡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる