夢鏡

アクセスカウンタ

zoom RSS 「我が愛器」

<<   作成日時 : 2008/02/11 22:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ギターを弾けるようになって早30年が過ぎた。(と言ってもちゃんとは弾けないが・・・)
その中で3台のギターとであった。

以前にも書いたが一台目は高校受験に受かった「ご褒美」として買ってもらった鈴木ヴァイオリン社製「スズキスリーS、FG−15」と言うギター。ソフトカバー付き¥10000、と言う安いギターだったが、それでも夢のようだった。
このギターはネックに特徴があって、普通は半円状になっている側面が三角っぽくなっていて握りやすくギター仲間達も「おにぎりネック」と名付けたほどだった。
このギターで練習から友人達とのバンド活動を経て、高校3年の時の「合唱部卒業コンサート」での部員のソロのコーナーで合唱部部長が歌う「出発の歌」のバックサポートとして参加、叉クラスのお別れ会や「演劇部」「合唱部」のお別れ会でもアリスやさださんなどの歌の弾き語りとしてや友人の歌のサポート、音楽の授業での「卒業作曲課題」でも私と共に曲を作った。
思い出多い楽器だった。
後年、私の一番上の姉の息子(つまり甥っ子)が高校で友人達とバンドを組みたい、と言ってこのギターを欲しがったので、しょうがないからあげてしまった。その後どうなったかはわからない。

さて、2台目は高校2年の時、バイトで貯めたお金で買った12弦ギター・・・今は無きヤマキの「FG−120」・・・ハードカバー付き現金価格¥30000

丁度この頃、日本のフォーク界は12弦ギターブーム。
さださんも「きみのふるさと」や「檸檬」などでヤマハの12弦を使用していたし、アリスのベイやんこと堀内孝雄さんはモーリスのカスタムモデルの9弦や12弦を使用していた。
そしてなんと言ってもゴダイゴの浅野タカミさんが「ガンダーラ」で弾いていたダブルネックギターの12弦でのイントロにマイッテシマッタ。

高校の友人と冬休みを利用して神田の「下倉楽器」に行っった。
何本か12弦が並んでいたのだが「ヤマハ」は無かった。
その中でとりあえず価格的に一番無難だったのが「ヤマキ」だった。
試し弾きさせてもらうとなかなかの音の響き・・・で、一発購入。

一緒に行った友人は初めは私のお付き合いのつもりだったのだが、店内を眺めているうちに当時出始めたばかりの「ヤマハ」のLシリーズと言うギターが目に入って、それを眺めているうちに店員さんに「試し弾き」を薦められ、結局それを買ってしまった。

この友人の買った「ヤマハLシリーズ」と私の12弦とで高校3年の「クラスのお別れ会」でアリスの「チャンピオン」をやった。間奏で私が12弦ソロをやったが、まあものの見事に失敗をした。あと「遠くで汽笛を聞きながら」で友人が堀内さんのパートを、私が谷村さんのパートでバックコーラスをやったが、これもタイミングが合わず大失敗だった。

結局、私の12弦が活躍したのはそんなところくらい、大体12弦も押さえるとなるとネックの幅も広くなるし一度に指一本で2弦を押さえなきゃいけないのだが、私は手も小さく指も短い上握力も12弦を弾きこなすには不足であり、つまるところ6弦ほど上手には弾けなかった。

数年後、会社の後輩の友人が「バンド活動で使いたいので売ってくれないか?」と言ってきたのでまあ、言い値で売ってあげた。楽器はそれを上手に使いこなせる人に持ってもらうのが幸せである。

3台目でやっと念願の「ヤマハ」のギターと出会う。
それが丁度今頃の季節だった。
社会人一年目の冬のボーナスで買った。ヤマハ「FG−35」ハードケース付き¥35000
叉も神田の「下倉楽器」・・・やっとさださんと同じブランドだ!!と喜んだものだ。

画像


画像


今や27年を共にしてきた、私のギターの中ではもっとも長く一緒に居るギター。
さほど大きな舞台は経験していないが、友人、知人、職場の同僚などの結婚式で「秋桜」や「雨やどり」や「関白宣言」を弾き語りした。
職場の宴会や仕事の打ち上げパーティでの仲間内ミニコンサートでも・・・

中学から私のギターやフォークの先生である友人もこのギターを弾いて「流石、ヤマハ、3万円台でもこんなに良い音が出るなんて」と絶賛したものだ。

今でも時折、東京の大手楽器店に行くと、温度、湿度管理されたショウウィンドウの中の「マーティン」や「ギブソン」などのギターを見るとうっとりしてしまう。
さださんがコンサートで弾いている「テリーズテリー」や「ヤマハ・カスタム」に憧れる。
以前さださんがプロデュースした「ヤマハ・カスタム、MS−120」なども欲しいと思ったが、価格と私のギターの腕がつりあわないので諦めたっけ。

いつか、また、新しいギターが欲しいなあ・・・・

(画像、ギターのヘッドについているのは高校時代、一番可愛がっていた後輩に貰ったマスコット。未だに付けています。君との思い出の名残に・・・)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「我が愛器」 夢鏡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる