夢鏡

アクセスカウンタ

zoom RSS 「渡辺俊幸さん」35周年

<<   作成日時 : 2008/01/17 22:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

古くからのさだまさしさんの盟友、親友にして、レコーディングプロデューサー、作、編曲家の渡辺俊幸さんが今年音楽家生活35周年をお迎えになる。

その35周年記念コンサートが来る8月24日(日)午後2:00からサントリーホールで行われるとの事。

演奏は「日本フィルハーモニー管弦楽団」、ゲストに我らがさだまさしさん。

渡辺さんが音楽を目指し、作編曲家への道を歩むきっかけとなった映画音楽から渡辺さんが作編曲家となって手がけられた曲、さださんと共に創られた曲などを披露される。

チケットの一般発売は5月15日から・・・という事で、詳細は渡辺俊幸さんの公式HPにて

渡辺さんと言えば先ずはグレープのラストコンサートでの「童話作家」のピアノ演奏が印象に残っている。
さださんがソロになって初のアルバム「帰去来」で編曲を担当。「帰去来」の中の「夕凪」、風見鶏」の中の私の大好きな「思い出はゆりかご」、「私花集」の中の「加速度」は渡辺さんの作曲である。(確かアルバム一枚に付き一曲は渡辺さんが作曲する。とさださんが決めていたらしい)

その後さださんのアルバム「夢供養」の全曲フルアレンジを置き土産に音楽留学
さださんも映画「長江」で中国に渡り、二人は暫く袂を分かつ事になる。

それから暫くして・・・或る日母の見ていた何処かの局の2時間ドラマのエンドロールで「音楽、渡辺俊幸」と言う文字を見つけたが、「え?あの渡辺さん?」と俄かには信じられなかった。
しかしその後もNHKを初めとする各テレビ曲のドラマのエンドロールで渡辺さんのお名前を良く見るようになり、さださんのアルバム「夢の轍」で叉さださんとタッグを組まれるとそのお仕事の幅の広さも伝わってき始め、映画「細雪」、アニメ「銀河漂流バイファム」などを初め、様々な場所、様々な番組で渡辺さんのお名前を見るようになった。

さださんのコンサートでは何時だったか「越谷」でのコンサートだったと思うが、当時の「ふり〜ばる〜ん」のピアニスト信田かずおさんが欠席でその助っ人として急遽臨時ピアニストとして参加されたのを見たのが、私が渡辺さんを生で見た最初。
その後のさださんの節目のコンサートでの指揮者やキーボーティストとして参加されているのを見ると本当にお二人の信頼関係の良さがわかる。

それからのご活躍は周知のとおり・・・
特にNHK大河ドラマ「毛利元就」「利家とまつ」、特集ドラマ「大地の子」最近では「海峡」
フジテレビ「浅見光彦」シリーズ、など大きなドラマの音楽を担当していらっしゃる。
イベントとしては「愛、地球博」「Jリーグ・アワード」などなど・・・

さださんではないが、「音楽、渡辺俊幸」と言うのが出るのを見るためだけにそのドラマを見ちゃったりする。

渡辺さんの益々のご活躍を期待します。!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「渡辺俊幸さん」35周年 夢鏡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる