夢鏡

アクセスカウンタ

zoom RSS

<<   作成日時 : 2007/08/18 21:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

猛暑日が続き、気象庁観測史上最高気温を記録した今年の夏休みも、猛暑が一段落したと思ったらもう終わりである。

岐阜多治見市で40.9度の史上最高気温を記録した日、私の住む街の直ぐ近くにある越谷市が関東で一番暑い日を記録、40.2度・・・40度って、人の体温だったら「重篤」だよね。

地球温暖化は世界中で気象異常を起こしているらしい。
オーストラリアでの旱魃、東欧諸国での気温上昇、中国や韓国での豪雨、
日本でも本来涼しい筈の北海道が沖縄より気温が高くなったり、そして様々な生物の分布範囲の急激な変化や個体数の激減や異常発生・・・

以前、蝉時雨のことを書いたが、蝉の異常大発生による騒音やネット障害など、生活環境に支障を来たしているところ等があると、情緒どころではなく大問題だ。

数十年後の近未来、東京は「亜熱帯」になる。と、何かの本で読んだ記憶があるが、あながち「都市伝説」ではかたずけられない事態となっているようだ。
「日本沈没」が小説や映画の中の世界だけで終わるように祈りたい。

休み中、テレビ各局の「ワイド番組」を見た。
殆んどは「横綱」の問題と某大臣と事務次官の確執を連日取り上げていた。
相変わらず評論家諸氏やゲストコメンテーターが色々意見を述べていたが、結局簡単な話どの世界でも最低限の「ルール」と「モラル」をそれぞれの立場で考え、責任を取る事が肝要なのではないか?と言うことではないだろうか。

それと、それぞれの最高責任者、つまりトップの対応が問われた案件だね。両方とも。
とりあえず次官問題はトップの方の強権発動で手打ちとなったようだが・・・

高校時代、後輩だか他のクラスの奴だか・・・病気を理由に学校を休んでテレビの公開放送を見に行って、客席の後ろの方にいたのにカメラに抜かれて、たまたまそれを先生が見ていて幾日か「謹慎」処分を受けた生徒がいたっけ。後、友人が通っていた学校ではそれが例え通りすがりの偶然でも、テレビに映されたら「停学」、故意だったら「退学」なんて今思えばとても横暴な学校もあったっけ。昔は厳しかったよね。
「スタ誕」に出るのも「君スタ」に出るのも「中退」する覚悟が必要だった。

ワイドショーを見ながらそんな事をボーっと思い出していたこの夏・・・

「静かさや、岩に染み入る、蝉の声」
芭蕉さんが唄ったこの歌はたぶん、「蜩」が静かに鳴いている晩夏の夕方を詠んだものと勝手に解釈しているが、「蜩」も異常発生しちゃったら「静かさや・・・」なんて風情も吹き飛んじゃうよね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
蜩 夢鏡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる