夢鏡

アクセスカウンタ

zoom RSS ブログ等こぼれ話(さださん関連)

<<   作成日時 : 2007/07/01 21:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先日、フジテレビ系「メントレ」に出演された声優、女優の戸田恵子さんが今年50歳になるのを記念してフル・アルバム「アクトレス」をリリースされる。

戸田さんが好きなBEGINや高橋真理子さんなどの曲と共に「メントレ」でも紹介されたさださん作詞、作曲の「ひとり占い」もセルフカバーとして収録されると言う。9月5日発売
「ひとり占い」が30数年を経て、思わぬところでスポットを浴びた、と言うお話。

もうひとつ、「へえ〜」な話題を・・・

先日ネット上をあちこち散歩していたら、松山千春さんのファンの方のブログに行き当たった。
その記事の中で、その方が参加された松山さんのコンサートのレポが書かれており、それによると松山さん、アンコールの時にギター弾き語りで、さださんと井上陽水さんの歌を歌われた。とても良かった。と書かれていた。
曲名が書かれていなかったので何を歌われたのかは判らないが、テレビではなんやかやと殊更にさださんとの中の悪さを強調している松山さん、でも以前「おしゃれ関係」(古〜)で「あいつ唄はいい歌書くんだよな〜。例えばこのコップの中の氷、俺はコップの中の氷、とそのまんまを書くけど、あいつはこの氷の中にいろんな物語を書くんだよな。」とかいって居られた。

これも大分前何かのラジオ番組でいきなり松山さんが「精霊流し」を歌いだしてびっくりしたが、その美味さにもびっくりした。
叉お二人が何処かで共演されればいいのになあ〜・・・

これはブログではないけれど、小田和正さんが以前何かの本で書かれていたお話・・・「俺は作詞がほんとは苦手、後曲のタイトル付けも・・・さだの曲のタイトルのセンスはとてもいい。今度タイトルだけでもさだに頼もうかな?」・・・さだまさし作詞、小田和正作曲なんて実現したら面白いよね。

さだ玲子さんのブログで「東京フォーラムの初日にホールAに行く道を迷った。」とあったが、それよく判る気がする。何せあのでかい建物にホールやイベントスペースが幾つもあるんだもの。私も3度目だが危うく迷うところだった。

その玲子さんの昨日の歌の中で「電車の中」と言う歌があった。
それを聞いていて昨今の様々な事件を思った。
電車の中だけではない人々の「自分さえ良ければ」な事件の数々・・・
「どうせ棄てるものならば」でも、軽んじられる人の命の重さを思う・・・

軽率な言動で世間を騒がせる大臣(大臣と言う国民をリードしなければいけない立場の人が、だ。)
食肉加工会社社長の消費者感情を逆なでするような、責任逃れの言動。
何でもかんでも「被告の利益優先」と言う立場で「無罪」「冤罪」を主張する弁護団。
被害者のプライバシーは守られなくて加害者のプライバシーはしっかりガードされている一方通行な法とマスコミの報道姿勢・・・
国民の将来を支えるたいせつな財産を5000万件も放置していた(それ以上とも)社会保険庁。
「モンスター・ペアレンツ」が流行語大賞を取るような勢いで「増殖中」なのだとか

いっそ、みんなでさださんの唄をじっくり聞いて反省しなさい。「さだまさしの唄、24時間×20年の刑に処する」とか・・・もっとも被告がさださんファンだったら効果ないよね。逆に喜んじゃうかも・・・

(そういう私も情報源は一方通行でたれ流されるテレビのワイドショーなのだから偉そうな事は言えないけどね。)

ニュースでは今日も心が暗く落ち込む話題ばかりだ。・・・


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブログ等こぼれ話(さださん関連) 夢鏡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる