夢鏡

アクセスカウンタ

zoom RSS 「春は名のみの・・・」

<<   作成日時 : 2007/03/21 22:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

「春は名のみの風の寒さや・・・」唱歌「早春賦」の出だしの一小節である。

もう3月も中盤から終盤へ差し掛かっているから「早春」ではないがこのところずっと寒い日、冷たい風の吹く日が続いていた。
が、流石に昔の人たちは良く言ったもので「暑さ、寒さも彼岸まで」、正にその通り、今日、3月21日(春分の日)は穏やかに良く晴れた一日であった。

奇しくも?昨日は気象庁から正式に「桜」の開花宣言もあって、いよいよ「春」本番である。
けどね〜未だ我が家の近所の「桜」は一輪も咲いてないのよね〜
今日の午後なんか近所の公園ではひと足早く「お花見」と洒落込んでいる家族がいたけど、その方達の座っている場所の傍らの「桜」の木もまだ僅かな蕾があるだけで何となく寒々しく見えた。お風邪など召されなければよいが・・・

さて、テレビでは連日「東京都知事」選のニュースで賑やかだ。此処に来て候補者も百花繚乱、現職知事から世界的建築家、前他県知事、芸人さんに発明家・・・まさに「春爛漫」の如き乱立・・・流石世界有数の首都「東京」の知事選だけあって国内外の注目度は大きい。
その権限、権威たるや「一国の総理」にも匹敵するのだからやむをえない。
主要4候補がテレビ各局を廻って「討論会」をしていたのを見ると「現職」は流石に「大臣経験」もあり、「政府与党」をバックにつけて大きくリードしているように見える。
他の候補は「オリンピック招致問題」と「現職の身内海外派遣問題」など「現職」の揚げ足取りに終始しているように伺えるのは私だけではないだろう。

だが、先の宮崎県知事選のような事もある。東国原知事は選挙前「落選間違いなし」と言われていたのだから・・・
でも頑張ってるよね。東国原知事は・・・ちょっとテレビに出過ぎの感はあるが、就任早々「鳥インフルエンザ問題」に直面したり、議会との確執なんかも言われていたけど何とか収めている。「宮崎県」の営業マンとして日本各地を歩いているし、こう言う広報活動は「元芸人」としての「面目躍如」かもしれない。氏の今後の更なる活躍を期待したい。

などと他都県の知事選の話をしたが、私の地元の知事さんの事は名前は知っているがどんなお人柄で今までどんな事をしてきたか?よう判らんな〜
みなさんはお住まいの道府県知事さんのお名前やプロフィールはご存知であろうか?

折から統一地方選も間近か
今年に入ってから休みの日には必ず、と言って良いほど、町内の世話役さんやら町会長さんやらが地元選出の「与党市議会議員」候補の為の事前運動に来るは、近所のさる大手宗教団体地区婦人部長さんは「野党議員候補」の推薦状を持ってくるは、(普段は余り挨拶も交わさないのに)大変な騒ぎだ。既に我が家の玄関には与党議員の後援会会員のシールが張ってあると言うのに、だ。
3月に入ってからは両方とも候補者ご本人が直々に来るし、或いは家族まで挨拶につれて歩いてる。地方の一市区町村議会議員選挙ですらこうなのだから、次に予定されている都道府県議会選挙、夏の参議院選挙、と段々ヒートアップしてくるに違いない。やれやれ・・・

私の甥っ子がある大都市の市役所に勤めている。正月に我が家へ遊びに来たのだがその時に「今、選挙管理委員会に配属されているんだけど、今年は7月の参議院議員選挙が終わるまで満足に休みも取れない」とこぼしていたっけ。

立候補予定者の「春」はまだまだ遠い。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お久しぶりです。
「暑さ寒さも彼岸まで」とは本当によく言ったものです。毎年春秋の彼岸には必ず思い出す言葉ですね。
今年の春はここ数日の冷え込みからして、この言葉も当てはまらないのかと心配(?)していたのに、ちゃんとつじつま合わせしてきましたね。自然の凄さと古人の知恵には脱帽です。

つじつま合わせついでに言うと、これだけの暖冬だった帳尻合わせが夏に冷夏となって現れなければいいなとこれもまた心配の種ですね。
地球全体で見ても、どこかが酷暑になっているとどこかが寒くなっているというふうに、バランスをとっているような気がしてなりません。それまでもが崩れた時はいよいよ大変なことになってしまうような気がします。
我々ひとり一人ができることをコツコツと積み重ねて地球環境の維持に務めなければならなくなっていますね。
ムーンライト
2007/03/21 22:35
ムーンライトさん、いらっしゃい、コメント有り難うございます。こちらこそご無沙汰しております。
やっと「春」らしくなってきましたね〜。本当に古の人々の暮らしが如何に自然と共存してきたかがわかりますね。

確かに日本などが暖冬の場合、アメリカのシカゴとかロスとか本来なら雪の降らないような場所で「大雪」なんていつかのニュースでやっていたような?
環境問題は最早個人で考えなければいけないレベルなんですね。
羽柴小一郎
2007/03/22 20:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
「春は名のみの・・・」 夢鏡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる