夢鏡

アクセスカウンタ

zoom RSS 「さだまさしさん、ソロコンサートデビュー記念日」

<<   作成日時 : 2006/10/19 23:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

今日の「さだまさし、デスクトップダイアリー」より・・・

今日10月19日はさださんのソロコンサート第一回が開かれた日。
1976年10月19日 長崎NBCビデオホール

その日から丁度30年、昨日、一昨日は名古屋市民会館でコンサートだったさださんはあの日と同じコンサートツアーの空の下、明日は豊橋勤労会館で3400何回目かのコンサートだ。
今日はツアー中の束の間のオフかな?それとも新しい曲や小説のプロットでも考えておられるのだろうか・・・

1981年10月31日 横浜スタジアムでの「長江クランクアップコンサート」より始った、私のさだまさしコンサートツアーももうすぐ、たぶん来秋のツアーあたりで通算100回目を迎える。

足掛け25年、初めのころは社会人に成り立てで普段の日に早退や休みなど取れよう筈が無く、土日祭日の地元近辺でのコンサートに年1〜2回行かれれば良い方だった。
社会人10年目くらいから多少の余裕が出来て「まさしんぐワールド」に入会し、年3〜4回は行ける様になった。だが、その間も会社の社長の交代や経営悪化による自主廃業、転職や姉、母、友人の病気や逝去などによってコンサートどころではない期間も絶えずあった。

ましてや「長崎から」なんて「夢のまた夢」だった。

もちろん100回を意識してコンサートに行っていたわけじゃないし、150回も200回も参加しておられるファンの方はきっと大勢いらっしゃるだろう。

只、さださんとさださんの唄に逢いたいから、喜びも哀しみも、怒りも苦しみも、全て受け止めてくれる。癒してくれる、そんなさださんの世界が其処にあったから・・・

よくぞ通常のコンサートと「まさしんぐワールド、コンサート」だけで90数回も参加できたものだと思うが、それこそ「さださんの大人の事情」で他のアーティストより圧倒的にコンサート回数が多かった事(年130〜160本なんて誰もやらないって普通)、そして私の住む街が地方にしてはさださんのコンサート回数が多い埼玉であること、東京、千葉、神奈川にも電車一本、或いは2本で行ける事等があげられる。そういう意味では良い町に生まれ、暮らしているものだ、と両親に感謝したい。

私が参加した一番遠いコンサート会場は福島県いわき市、1996年10月31日、いわき市グリーンスタジアムでの「いわき市市制30周年記念コンサート」だった。
いわき市では私の同僚のご両親がホテルを経営されていたので、チケットを頼み、ホテル代も大分まけて頂いた。(ホテルちひろの女将さん、その節はお世話になりました)

さださんが「長崎」で歌い始めたことを、当時高校1年生だった私はギター関係の音楽情報雑誌で知った。そしてアルバム「帰去来」発売の告知。
グレープ解散後半年・・・・待ちに待った。と言う思いと、さださんはもうすっかり元気になったのかな?と言う心配とが交差した。

あれから30年、さださんは元気で、今日も何処かの旅の空の下・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
あれから、30年〜♪
10年一昔というのは今の基準にはあわないかしら?
羽柴小一郎さんは100回もコンサートに行かれてるんですね。すご〜い。
私はキャリアばかり長くてコンサート参加回数は・・・^^;
でも、節目の年にこうして本格ファン復帰できてて良かったです。
これもさださんがずっと歌い続けていてくださったお陰です^^

ところで、ちょっとお伺いしたいのですが、ソロ初アルバム『帰去来』って当時、葉書が特典のように付いてませんでしたか?
バイオリンの絵が書かれてた葉書なんですけど・・・
ぞろめ
2006/10/20 20:15
ぞろめさん、いらっしゃい
コメント、有り難うございます。
私の場合、幸か不幸か独り身が長いもので・・・青春の全てをさださんに捧げました。(なんて、うそ!!さださんのコンサートが無い時には谷村さんにも小田さんにも行ってました)

でもファンの熱意ってコンサートに行った回数では量れないですよ。特にお子さんを持たれておられる方は子育て中は中々コンサートなんて行かれないですよね。
むしろ、子育てをしながらでもCDやレコードを聴き続けて、ひと段落したら又ファンとして復帰すると言う方が大変だと思いますよ。
ほんとうにさださんが長く歌って下さっていると言うのは嬉しいですね。それも「懐メロ」でなく現役で居てくれるのがいいですよね。

バイオリンの絵の葉書、覚えてますよ。只、それが「帰去来」だったかどうかまでは残念ながら自信ないのですが・・・でも確かに初期のアルバム特典でその葉書付いてましたよ。(すみませんご希望に添えなくって)
羽柴小一郎
2006/10/20 20:51
私が生まれた年にグレープがデビューして・・今年がソロ30周年ですか・・最近ファンになりコンサートも(^^;な椿姫ですが・・
皆様にいろいろ優しく教えていただいて同じさださんファンとしていれてとても幸せです。
皆様・・これからもよろしくお願いします。
さださんアルバムも少しずつ・・曲も少しずつ
さださんのことも少しずつ。。わかっていきたいな。。。
椿姫
2006/10/20 22:13
椿姫さん、いらっしゃい
コメント有り難うございます。
グレープデビューの年にお生まれですか…わ、若い!!
でもね、若い人たちにもどんどんさださんを聴いて貰いたいと思いますよ。
特にこの所の少年、少女達の事件を見ると、彼ら、彼女らが少しでもさださんの世界に接する環境にいたならば、なんて思います。
本文にも書きましたが、さださんの唄や言葉にどれだけ助けられた事か・・・
「主人公」を始めて聴いた時は本当に自然に涙が流れ、何度も何度も繰り返し聴きました。
「黄昏迄」を聴いた時も、「博物館」「小さな手」書いたらきりが無いくらい、さださんの唄は人生の支えです。
もっともっと奥の深い「さだワールド」に触れてくださいね。(布教活動か!!)これからもよろしくね。
羽柴小一郎
2006/10/20 23:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
「さだまさしさん、ソロコンサートデビュー記念日」 夢鏡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる