夢鏡

アクセスカウンタ

zoom RSS モラルハザード  〜私の本気で言いたい事がある〜

<<   作成日時 : 2006/08/24 23:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

この夏も様々な事件、事故が多かった。

新聞、ニュースでは連日のように、子が親を傷つけ、親が子を傷つけ、何処の誰とも知らないもの同士が傷つけ合っている。
家で、職場で、学校で、旅行先で、昨日まで普通に暮らしていたはずの人が、一方は被害者になり、一方は加害者になっていく。そしてその両者の違いはほんの紙一重で、立場が逆転し兼ねないほどの差に過ぎない。

きっとその原因は第三者から見たらほんの些細なすれ違いに過ぎないのかもしれないし、当事者にとっては自己の存在証明さえ危うくなるほど重大な事かもしれない。

例えば一般常識ほどの知識や経験があれば回避できた筈の事件や事故の数々・・・
いったい何時から、この国は、この国の人々は「モラル」を置き忘れてきたのだろう。

幾つか例を挙げる。
@幼い子供と一緒にいても信号を守らない親達、大人たち
A電車、バス、公共施設などでしつこいほどにアナウンスをしているのに携帯の電源を切らない人びと(老若男女を問わない)
B自動車や自転車を運転中にも拘らず片手で携帯を操作している人びと
Cスーパーやデパートなどで走り回ったり、商品を弄り回している子供に注意をしようともしない親達、そのくせ第三者に注意されるとこれ見よがしに当てつけの如く子供を叱り出す親達
D夜道でも無灯火、二人乗りは当たり前、無断放置、乗り捨て、乗り逃げ御免の自転車利用者達

もう一々挙げていたらきりが無いのでこの辺にしておくが、上記行為を行ったら殆どの場合法律違反であり、処罰の対象になる。でも、考えてみてください。皆さんよ〜く見掛けるでしょう。

もしかしたら、何処かであなたもしているかもしれないし、きっと私も気づかぬうちにしてしまう事ばかりだ。だが、事実上記の行為に及んで大事故や大事件に繋がってる事もあるのだ。(どの事故か、事件か、お気づきの方もお有りだろう)

つい先日、会社の同僚が交通事故にあった。出勤途中、同僚はバイクに乗っていたが、路肩に止めてあった車がいきなり走り出し、突然ウィンカーを点滅させた、と思ったら同僚のバイクに突っ込んできた。(車が出したウィンカーとは逆方向に曲がってきたのだ。)車は同僚のバイクの後部にぶつかり、同僚はバイクごと転倒した。
幸い、双方ともスピードを出していなかったので同僚はバイクが倒れた為の打撲で済んだが、相手はすぐその場から逃げようとしたそうで、同僚が必死でバイクを起こし、相手を取り押さえ、警察へ通報した。相手は始めての事故で動転しまくっていたそうである。
でも、これも相手が車を発進させるときに十分回りに気を配ってさえいれば防げていた事故である。また、不幸中の幸いで後続車や対向車が来なかったので大惨事に至らなかったが、それを思うと背筋がぞっとする。と同僚が言っていた。

事ほど左様に、事件や事故はすぐ身近にある。

昨日の「オーラの泉」での美輪さんのお言葉「自由とは、きちんと自己で責任を取れることで、それ以外の勝手気ままは只の放埓に過ぎない、今はそれを履き違えている」が心に突き刺さる。

常識やモラルや、身近なマナーや法について、家族や職場や学校で、みんなで考えてみる時間を持つのも大切な事だと、今朝の或るニュースを見て、実は改めて真剣に思ったのである。
もちろん自省も含めて・・・

余談、何年か前のとある会場でのさださんのコンサート、さださんのトークが絶好調になっているところ、突然客席から携帯の着信音が鳴り響き、さださん「おいおい、電話だよ。まったく開演の前のアナウンスなんてちゃんと聴いてね〜んだから」と笑いながら仰っていたけど、目は笑っていなかったよ。コンサート前に電源は切る。最低のマナーだけは守ろうね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
私も同感です!まさにさださんの仰る「心の戦争」が起きている時代なんですね悲しいですが・・・。
相手の立場に立って考えたり、ちょっとした思いやりがあれば・・・みんなが幸せな気持ちで居られるのにって思う事が多すぎます。もちろん私自身も反省しなければならない事も・・・。
子供の頃、近所に必ずいた「恐いおじさん」、
昔の子供は叱られて教えられて、その分成長できていたと思います。今は残念ながら見かけなくなりました。私も時々近所の子供の行動を見かねて注意しますが、何の反応も言葉もなく・・・どうして注意されるのかという根本すら理解できていない様に感じます。悲しい事ですね・・・。多分うるさいおばさんとしか思っていないのでしょうね。
 
コンサートの件では、さださんに「いらっしゃいませ」と言われたいばっかりに、開演直前に席を離れてわざと遅れて入って来る方がいらっしゃいます・・・せめてさださんファンだけは常識ある行動をとって皆でコンサートを楽めたらと思います。
まとまりのない文で失礼しました。
向日葵
2006/08/25 07:59
向日葵さん、いらっしゃい
とても貴重なコメント有り難うございます。

本当にやりきれない哀しい事件ばかりで、気が滅入りそうな毎日ですが、後ろ向きにばかり考えていても何も解決はしないわけで、ここはやはり自分の出来る事から何かしなければ、と思います。そういう意味では向日葵さんのされている事はとても勇気或る行動だと思います。きっといつか解ってくれる子が現れますよ。

本当にせめて、さださんのファンである限りはさださんに対して恥ずかしい行動は慎みたいですね。それに開演前の客席って楽屋からでもちゃんとモニターされてるから、不審な行動をとる人はさださんもスタッフもお見通しだと思いますよ。
羽柴小一郎
2006/08/25 20:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
モラルハザード  〜私の本気で言いたい事がある〜 夢鏡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる