夢鏡

アクセスカウンタ

zoom RSS 「夏 長崎から」について

<<   作成日時 : 2006/07/16 00:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

各スポーツ紙のネット版にて今日、さださんの「夏 長崎から」が今年で終了する事を伝えた。

さだ「夏 長崎から」コンサートに幕、うん、この書き方なら「ア〜、長崎のイベント、今年で終わりなんだ〜」と判るが、或るスポーツ紙のサイトでは、(さだコンサートに幕、「夏 長崎から」、)この書き方だと「夏 長崎から」を最期にさださんがコンサート活動から引退する様に感じてしまう。やはり記事のタイトルを書かれる時は充分な配慮をされたい、と思う。

記事自体は何処もさださんの所属事務所からのコメントとして「自分が平和への思いから始めたコンサート、20年と言う区切りに一旦現場から離れて、自分の発したメッセージが届いているかを見直してみたい」と言うさださんがコンサートで言って来られた内容を載せていた。
「長崎の夏の風物詩」と最後に結ばれていたが、果たしてさださんの遺志を受け継いでいくアーティストが現れるだろうか・・・そういう意味で(かどうかはわからないが)BEGINは「長崎から」に出てから毎年沖縄でイベントを続けているね。

夏は野外コンサート、イベントが全国で催されている。だが大概は有料の(それもかなり高い料金で)ロックフェスが主流のようだ。
真夏の開放的な野外で、楽しく熱いロックで盛り上がるのも良い。それが多くのメディアで取り上げられるのも良い。

しかし、一個人事務所である「さだ企画」が、さださんの「平和への思いを伝えたい」と言うその一点からこのような一大イベントを、しかも無料で、たくさんのゲストまで招いて20年も続け、2万人を超える観客を毎年動員してきた地道な努力をもっと取り上げてもいいのではないか?と思う。(何処かでドキュメントでも作りませんか?やはり数字が取れなければダメですか?)

第一回からずっとコンサートを中継してきた某国営放送も、去年は全国生中継は無し、今年も全国生中継はない、と言う。8月の終わりごろに総合テレビでダイジェスト版の放送はあるようだが、一時間半の放送が限界のようだ。

私はとうとう、20年間聖地「長崎」に行く事は叶わなかった。
仕事の都合、予算の都合、理由は一杯あるし、たぶん私と同じように行きたくても「夢」叶わなかったファンの方もまた多勢いらっしゃるに違いない。

でもね。「長崎」に参加できた方にも、とうとう行けなかった方にも「さださんの平和に対する思い」「みんなで音楽を楽しめる平和を守る為の、考える為の門番でありたい」と言う気持ちはさださんを愛する全てのファンには伝わっている。と信じたい。

「夏 長崎から 2006さだまさし FINAL」まで、あと3週間

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「夏 長崎から」を生中継してください.NHKさん!
このコンサートや周辺の事柄についてはいろいろ議論はあるとは思います。ですが純粋に ...続きを見る
みつろぐ
2006/07/28 17:14

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「夏 長崎から」について 夢鏡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる