夢鏡

アクセスカウンタ

zoom RSS 昨日、京、奈良、飛鳥、明後日

<<   作成日時 : 2006/07/09 02:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

さださんの新作エッセイ「美しき日本の面影」を読んでいる。
中学の修学旅行、高校時代の卒業旅行のお話等はつい、自分の学生時代の思い出とダブらせてしまう。・・・

1975年の丁度今頃の時期、中学3年の第一学期期末試験が終わり、夏休みまでの僅かな期間を利用して、2泊3日(だったかな?)の修学旅行へ出かけた。
私たち埼玉県もさださんたちと同様、公立中学は大抵修学旅行先は京都、奈良方面だった。

さださんたちの頃は修学旅行専用列車と言うものが走っていたようで、私の兄、姉達もこの専用列車で行った様である。
だが、私たちの頃はもう新幹線で行くようになっており、最寄り駅から東京駅まで国電を利用し東京駅から新幹線「ひかり」で京都まで行った。京都からはバスで先ず京都市内を観光した。

初めての京都は感動だらけだった。東寺の五重塔、二条城大広間、鹿苑寺金閣、慈照寺銀閣、清水寺の大舞台・・・大好きな日本史の授業や大河ドラマなどで聞き覚えの名所旧跡を巡る。こんなにも歴史が息づいている街が日本にあるなんてそれまで知らなかったから、もう大興奮だった。

一日目、京都市内のホテルで宿泊、流石にさださんたちのようないたずらはしなかったが、クラスの誰かが私たちの泊まってるホテルの向かいのホテルは○◇ホテルらしい、と言う情報を何処からか入手していて、消灯時間後部屋を暗くして、向かいのホテルが見える窓に皆で顔を付けて向かいのホテルに男女のカップルが出入りする様子を伺っていたが、別段そのような様子は無く私たちのホテルと同じ普通のホテルだったようだ。
だが、若いとは想像力が余程豊かなようで同室の一人が鼻血を出して大騒ぎになったっけ。

二日目は奈良へ、聖徳太子縁の法隆寺、夢殿、五重塔、東大寺南大門、大仏殿、見上げるほど大きい迫力の大仏様、大仏殿柱の穴抜け、若草山の緑と鹿の群れ・・・薬師寺だかで位の高いお坊さまからありがたいお説教を頂いたりした。(今にして思えば当時よくテレビに出られていた高田公胤師で居らしゃった様な気もするのだが、そこまで偉い方は修学旅行の中学生の相手なんかされないよね?)

3日目は宇治の平等院鳳凰堂(10円玉の裏だね)三十三間堂、などを散策、旅の終わりには西京極と言うチョっとした繁華街で土産物屋めぐり、京都名物「生八橋」と母には「西陣織」のお札入れ、土産の定番「京都観光ペナント」などを購入した。

と、書いてきたが上記が全て正しい旅程だったかは実のところ定かではない。30数年前の微かな記憶である。ただ書いたところへ行った事は確かである。後何箇所か行っている筈なのだが・・・何せはっきり覚えているのは「○◇ホテル」をみんなで覗いていて仲間の一人が鼻血を出した事と、「他校の女子生徒が可愛かったな〜」と友人たちと盛り上がったことくらいである。

後年、司馬遼太郎さんや吉川英二さんなどの歴史小説、古典「平家物語」「古事記」「日本書紀」等を読んで、京都や奈良、飛鳥地方などをゆっくりと歩いてみたいと思うようになった。
何せしがない安サラリーマンの身ゆえ、中々その思いを果たせずにいる。

清盛や信長や秀吉や竜馬が闊歩したに違いない都大路や歴代大王や天皇が眠る陵、聖徳太子や中大兄皇子や蘇我入鹿や中臣鎌足が活躍した飛鳥、・・・歴史の宝庫だ。

中でも行きたいのは京都、奈良の国立博物館、豊国神社と豊国廟、高台寺、石舞台などの巨石遺跡群、飛鳥板葺宮跡。

そしてもうひとつ、奈良、大和郡山にある大納言塚・・・
私のペンネームの由来にもなっている「羽柴小一郎秀長」、関白太政大臣豊臣秀吉の弟「従二位権大納言、豊臣秀長」の眠るところである。
小一郎秀長は秀吉の片腕として数々の功を立て、近江長浜領内で一万石を領したのを皮切りに但馬出石、播州姫路を領し、最終的には大和郡山で百二十万石を領し、秀吉の治世の下、加賀前田、安芸毛利、江戸徳川、陸奥上杉と並ぶ大大名に列し天下の宰相と謳われ、領地に於いては民を慈しみ善政を敷いたので領民からも慕われた。

今でも郡山の人々から慕われていると言うその人に「お名前を使わせて頂いています」と挨拶をしたい。 

夢のまた夢・・・の話だが


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
昨日、京、奈良、飛鳥、明後日 夢鏡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる