夢鏡

アクセスカウンタ

zoom RSS Independence Day

<<   作成日時 : 2006/07/04 23:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

7月4日、アメリカ合衆国独立記念日
まっさんばんデスクトップ日めくりカレンダーでは「僕らの国はいったい何時アメリカから独立できるんだろう」と書かれていた。

先頃、我が国の総理大臣が訪米をされていたが、後3ヶ月で任期満了の与党総裁はまるで学生の卒業旅行の如く、大統領専用機(エアフォース1だっけ?)に乗せてもらったり、大ファンだと言うプレスリーの生家へ行ったり、挙句大統領との共同会見ではお互いにプレスリーの物真似を交換し合うと言う超友好振りを発揮し、日米はこんなに仲良しなのだ。と言う事を全世界に配信した。

同じ頃、北の国では30数年ぶりに離ればなれだった家族が再会を果たし、またぞろ日本の関係者を刺激するような記者会見が行われていたと言うのに・・・

そう言えば10年位前「THE,INDEPENDENCE DAY」と言う映画を見た。
内容は、超大型円盤の大艦隊で襲来し地球侵略を狙うエイリアンと地球人(と言うかアメリカ人ね。基本的に)との壮絶な戦い、地下政府に篭って作戦の総指揮に当たる元空軍パイロットの現職大統領の苦悩と決断、とか言うものだったと思うが、今にして思えば「アメリカ大統領こそ世界を守る唯一絶対の強き存在」「アメリカ軍こそ世界最強」みたいな感じだったね。
まっハリウッド映画だから仕方ないか・・・

閑話休題

サッカー日本代表の中田英寿選手がプロからの引退を自身のブログで発表した。
余りにも突然の事で国内外を問わずサッカーファンや関係者に激震が走った。
先日の対ブラジル戦敗戦のあと、その試合が行われたピッチ上で仰向けに寝たまま、空を見上げて暫くじっと動かなかった姿がとても印象的だった。
「泣いているように見えましたが・・・」何とも無粋な記者の質問に「疲れていただけです」とさらっとかわした中田選手、あの時、あの場で何もかもすっきりさせたのかもしれない。

「オフサイドってなに?」と言うくらいサッカー知らずだった私でさえ、ドーハの悲劇以来代表戦は欠かさず見るようになった。アトランタオリンピックで「マイアミの奇跡」を生んだ時はまだ前園選手や川口選手の方が注目されていた。と、思う
しかしワールドカップフランス大会で代表に選ばれてからはいつも大事な試合の中心に彼が居た。
前園選手がラーメンだか焼きソバだかのコマーシャルで主演した時、前園選手のうしろでコミカルな役を演じて居た人と同一人物とは到底思えないほど、ピッチ上では常に厳しくチームメイトを叱咤し、走り、動いていた。熱さではトルシエやジーコ以上ではなかったか
(そう言えば、前園選手がゲスト解説か何かをどこかの局でやっていたな・・・トルシエも・・・)

29歳、と言う年齢がどうなのか、判らない。スポーツの種目や置かれている立場などもある。
ただ、サッカー日本代表に於ける一時代が終わった。と言う感じは否めない。先のフランス大会で三浦カズが代表から外れた時のように・・・

今は「お疲れ様でした」「ゆっくりしてください」としか中田選手に送る言葉は無い。

そんな中、プロ野球ではオールスター戦ファン投票でオリックスの清原選手が最多得票だったと言う。今季限りでの引退を既に発表している日本ハムの新庄選手が次点だった。
この2選手もいろんな意味で一時代を築いてきたと言える。

この国も「変革の時代」と言われて久しい、次の総理には期待の持てる日本を創世してもらいたい。「真の独立国家」としてね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Independence Day 夢鏡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる