夢鏡

アクセスカウンタ

zoom RSS 夢一匁

<<   作成日時 : 2006/05/06 22:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ゴールデンウィークもあと一日、過ぎてしまうと早いね〜。
この3日〜6日の間はとても良い天気に恵まれた穏やかなゴールデンウィークであった。

今日は下の姉と旦那さんと父と私で長姉の墓参りに行った。
思えば長姉が逝ってから、長期の連休は必ず墓参が多くなった。
長姉が逝ってから今年で丁度10年、翌年に母が逝って、この数年はそんな事の繰り返しだったような気がする。

長姉とその旦那さんが眠る某市営霊園は某市のはずれの住宅街と畑の間にある。
都心からは車で一時間ほどなのだが、緑に囲まれた風光明媚な場所である。
折から新緑が眩しく、吹く風が少し汗ばんだ顔に心地よかった。

公営の霊園は宗教、宗派に捉われる事がないので、(もちろん仏教が多いのだが)所々に墓石に十字や英文の碑文が刻まれていたり、様々な経文が刻まれていたり、故人を偲ばせる石碑(例えばゴルフが好きだった方はゴルフボールを模った石碑、アンティーク好きだった方は西洋の女神の像など)があったり、家々の色んな家紋とか、墓の形も様々で少し不謹慎ではあるが散策してみるのもおもしろい。
それぞれの家、それぞれの家族が故人やご先祖を偲び、想い、残された自分達や子孫達を見守って欲しいと願う、その形の表れ、なのかもしれない。

ちなみに我が家の家紋は「丸に左三つ巴」、長姉の婚家は「五三之桐」である。
でもこう言うのって何時、誰が決めたんだろうね。

ところで、さださんの「本気で言いたい事がある」で知ったのだが、さださんのお家は浄土真宗でいらっしゃるとの事、奇遇であるが私の家も父の実家が地元浄土真宗の寺の檀家になっている。その寺には親鸞のお弟子が書いた親鸞の言葉の書が残されていて県の重要文化財に指定されている。もちろん、門外不出なのでネット上の写真でしか見た事はないが・・・

こんなところでさださんとの共通点を見つけてもしょうがないのだけれど・・・

のびやかな初夏の陽射しの中、静かな墓苑で家族達が佇んでいる。その脇を小さな子供達が駆け回って遊んでいる。時には行楽地ばかりでなく、こう言うところで緩やかに過ぎてゆく時間を、ご先祖様達と過ごしてみるのもいいかもしれないね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
夢一匁 夢鏡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる