夢鏡

アクセスカウンタ

zoom RSS テレビ出演

<<   作成日時 : 2006/01/29 18:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

昨日(1/28)、NHKTV「三人寄れば...WELOVE九州」を見た。
さださん、武田鉄也さん、小椋桂さん、そして夏川りみさん、氷川きよしさん
さださん、武田さん、小椋さん3人での「思えば遠くへ来たもんだ」は良かった。
元々この曲は「海援隊」の中でも凄く好きだった曲だが、さださんが唄うとは思わなかった。
そして、さださん、小椋さんでの「さらば青春」「秋桜」、全員での「愛、燦々」
さださんは東京へとんぼ返りと言う事で途中退場だったが、氷川くんらと握手してなんだか残念そうだったさださんを小椋さんがさださんの袖を引いて舞台から連れ出していた。

しかしこの3人はそれぞれがトークの達人でもあるから”仕切り”が大変だね。一応武田さんが仕切っていたけど、ほっといたら曲そっちのけで話ばかりになってしまうだろう。(此方はそのほうが面白いかも・・・なんて失礼な!!)

深夜は「海人の愛する山里のうた」、流石に夜中は見られないからビデオに撮っておいて今日見た。
森山良子さんのナレーションでさださんの一年を追いかけたドキュメンタリー、信州の秋から始まって、曲作り、レコーディング、「夏、長崎から」、コンサートツアー、そして又レコーディング、瀬戸内寂聴さんとの対談などなど。
圧巻は戸隠山登山、初めはハイキング気分だったもののだんだん険しくなる山道。
一番の難所「蟻の門渡り」では切り立った屏風の上を這いずる様に鎖を手がかりに上っていく、が、山頂目前でそれまでの行程での疲労により筋肉痛に襲われ中止、名誉の撤退となった。

アルバム「とこしへ」の中の「秋麗」はこの一年を通した日々の暮らしの中でさださんが辿った信州の心象風景を唄った曲だった。

印象に残ったのは寂聴さんの言葉「生きてさえいれば、明日何か素晴らしい事が起こるかもしれない」、そしてさださんに対して「あなたはまだまだこれから、」
本当にそう思う。流石に寂聴さんの言われる事には説得力がありますね。

これで、とりあえず現在予定されているさださんのテレビ出演は一段落かな?
これからはDVD、CD、わーるどコンサートチケットとリリースラッシュ、
あっお小遣いが足りない〜!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
中原中也「在りし日の歌」


   
  頑是ない歌

思へば遠く来たもんだ
 
十二の冬のあの夕べ
 
港の空に鳴り響いた
ゆ げ
汽笛の湯気は今いづこ

以下略・・
 

 
有名な中原中也さんの詩集にリスペクトされて作った歌ですね。

本当に良い曲で僕も好きな曲なんです。
山木さんの作曲がたまらなく良いですよね

この間、山木さんが僕の自宅へいらした時に
この歌を歌ってくださいましたが、
山木さんの歌うこの曲も叉味わい深いですね。

「鉄也とおなじキーで唄うんだ!」と
言っていた山木さんが可愛らしかったですよ。
はる
2006/01/30 02:56
はるさん、コメント有り難うございます。
本当にこの曲は武田さんの詩に山木さんの曲が寄り添ってますね。奇しくも九州と北海道のコラボレーションになっていて・・・
昔良くカラオケで歌ってました。
この曲や谷村さんの「浪漫鉄道」、さださんの「それぞれの旅」など鉄道を舞台にした唄は郷愁を誘い、故里を出たことの無い私でも古きよき日本を思わせますね。
羽柴小一郎
2006/01/30 20:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
テレビ出演 夢鏡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる